ホーム    Nuar 総合案内    マイ・リポジトリ        English    ご意見

 

ダウンロード数上位アイテム

年月指定: (yyyymm)
範囲指定: (yyyymmdd) ~ (yyyymmdd)
- タイトル ダウンロード数 学内
1 威妥玛和汉语会话课本 : 从《语言自迩集》考察威妥玛所追求语的语言境界 : (一)《语言自迩集》、《问答篇》和《请文指要》的对照 / 藤田, 益子 -- 新潟大学国際センター2007-3新潟大学国際センター紀要 Vol.3 p.49-80 375 0
2 「日本企業文化とビジネス文書に関する一考察」 / 阿波村, 稔 -- 新潟大学国際センター2010-3新潟大学国際センター紀要 Vol.6 p.1-6 373 0
3 中国人大学生の日本語学習の動機づけについて / 郭, 俊海,全, 京姫 -- 新潟大学国際センター2006-3新潟大学国際センター紀要 Vol.2 p.118-128 127 0
4 日本語の濁音・半濁音・清音を混同して発音する中国語母語話者の問題について : 誤用例、原因と、その矯正方法のヒント / 池田, 英喜 -- 新潟大学国際センター2014-3新潟大学国際センター紀要 Vol.10 p.1-9 103 0
5 「~なります」考 : 日中比較対照の観点から / 藤田, 益子 -- 新潟大学留学生センター2001留学生センター紀要 Vol.4 p.90-110 69 0
6 テ形接続による付帯状況の表現に見られる動詞について : 日本語と韓国語の比較から見えてくるもの / 孫, 景浩 -- 新潟大学国際センター2005-3新潟大学国際センター紀要 Vol.1 p.55-62 62 0
7 中国の農村・へき地における教育 : 先行研究を中心として / 畢, 春玲,柯, 勁松 -- 新潟大学国際センター2007-3新潟大学国際センター紀要 Vol.3 p.119-130 47 0
8 清代の旗人、満洲族に関わる語句について : 『児女英雄伝』からの考察 / 藤田, 益子 -- 新潟大学国際センター2011-3新潟大学国際センター紀要 Vol.7 p.20-66 23 0
9 「日本語・ビジネス文書作成」と「日本の企業文化」に関する一考察 / 阿波村, 稔 -- 新潟大学国際センター2011-3新潟大学国際センター紀要 Vol.7 p.104-111 22 0
10 「生活者としての外国人」に対する日本語能力の測定・評価について / 足立, 祐子 -- 新潟大学国際センター2013-3新潟大学国際センター紀要 Vol.9 p.1-12 21 0
11 中学校国語教科書の古典内容の変化における一考察 / 柯, 勁松,畢, 春玲 -- 新潟大学国際センター2008-3新潟大学国際センター紀要 Vol.4 p.69-76 19 0
12 「ハ」と「ガ」の使い分けの問題について : ロシア語母語話者の場合 / ペトロヴァ, ユリア -- 新潟大学国際センター2011-3新潟大学国際センター紀要 Vol.7 p.86-103 14 0
13 『日華学堂日誌』1898~1900年 / 柴田, 幹夫 -- 新潟大学国際センター2013-3新潟大学国際センター紀要 Vol.9 p.23-85 14 0
14 日本語の音声指導事例紹介(その1) : ベトナム語母語話者の場合 / 池田, 英喜 -- 新潟大学国際センター2008-3新潟大学国際センター紀要 Vol.4 p.31-37 14 0
15 中国人日本語学習者によく見られるアクセントの問題点 / 尤, 東旭 -- 新潟大学留学生センター2002留学生センター紀要 Vol.5 p.77-87 12 0
16 戦前のシンガポールにおける日本語学校について / 柴田, 幹夫 -- 新潟大学国際センター2007-3新潟大学国際センター紀要 Vol.3 p.12-23 12 0
17 初級・中級の日本語学習者の文章表現について : 中国人留学生・韓国人留学生の事例 / 秋口, まどか,鄭, 賢熙 -- 新潟大学留学生センター2002留学生センター紀要 Vol.5 p.51-59 8 0
18 記述後の活動「ピア・レスポンス」 : 初級後半日本語学習者の場合 / 大塚, 望 -- 新潟大学留学生センター2002留学生センター紀要 Vol.5 p.39-50 8 0
19 中国人留学生をめぐる二つの問題 / 柴田, 幹夫 -- 新潟大学留学生センター2001留学生センター紀要 Vol.4 p.117-120 8 0
20 トーマス・ウエードと漢語会話テキスト : 『語言自邇集』の言語観(二) : 『語言自邇集』、『問答篇』、『三合語錄』、『清文指要』、『初學指南』の対照 / 藤田, 益子 -- 新潟大学国際センター2008-3新潟大学国際センター紀要 Vol.4 p.9-21 8 0