ホーム    Nuar 総合案内    マイ・リポジトリ        English    ご意見

 

アクセス数上位アイテム

年月指定: (yyyymm)
範囲指定: (yyyymmdd) ~ (yyyymmdd)
- タイトル アクセス数 学内
1 <論説>マン兄弟の確執 : 1903~05年(その2) / 三浦, 淳 -- 新潟大学教養部1992-12新潟大学教養部研究紀要 Vol.23 p.37-60 5 0
2 <論説>『偽殉教者』試論 : ジョン・ダンとジェームズ王を中心にして(その二) / 高橋, 正平 -- 新潟大学教養部1990-12新潟大学教養部研究紀要 Vol.21 p.85-104 5 0
3 感受性試論(V) : シモーヌ・ヴェーユが語る感受性とは何か : カントの「感性」も手がかりとして / 村上, 吉男 -- 新潟大学教養部1990-12新潟大学教養部研究紀要 Vol.21 p.1-35 5 0
4 <論説>英語主語の機能論 / 福田, 一雄 -- 新潟大学教養部1983-12新潟大学教養部研究紀要 Vol.14 p.105-116 4 0
5 感覚と感受性 : デカルト, カント, ジイドとシモーヌ・ヴェーユ / 村上, 吉男 -- 新潟大学教養部1991-12新潟大学教養部研究紀要 Vol.22 p.39-76 4 0
6 <論説>マン兄弟の確執 : 1903~05年(その1) / 三浦, 淳 -- 新潟大学教養部1991-12新潟大学教養部研究紀要 Vol.22 p.179-198 4 0
7 <論説>Theme/Rheme分析の二つの立場 : J.FirbasとM.A.K.Halliday / 福田, 一雄 -- 新潟大学教養部1986-12新潟大学教養部研究紀要 Vol.17 p.51-61 4 0
8 <論説>RatioからSapientiaへ : ジョン・ダンにおける理性と信仰をめぐって / 高橋, 正平 -- 新潟大学教養部1991-12新潟大学教養部研究紀要 Vol.22 p.121-146 4 0
9 シモーヌ・ヴェーユにおける感受性の基礎的研究の証明と展開[I] / 村上, 吉男 -- 新潟大学教養部1993-12新潟大学教養部研究紀要 Vol.25 p.21-31 4 0
10 シモーヌ・ヴェーユにおける感受性の基礎的研究の証明と展開[序] / 村上, 吉男 -- 新潟大学教養部1993-6新潟大学教養部研究紀要 Vol.24 p.49-55 4 0
11 <論説>韻律論の比較文化史 : 日本歌学とルネサンス詩学の掛け橋 / 猪俣, 賢司 -- 新潟大学教養部1991-12新潟大学教養部研究紀要 Vol.22 p.13-27 3 0
12 <Articles> On Verbal/Adjectival Properties of the Passive Voice / Fukuda, Kazuo -- 新潟大学教養部1981-12新潟大学教養部研究紀要 Vol.12 p.193-216 3 0
13 <論説>『偽殉教者』試論 : ジョン・ダンとジェームズ王を中心にして(その一) / 高橋, 正平 -- 新潟大学教養部1990-1新潟大学教養部研究紀要 Vol.20 p.77-98 3 0
14 условная форма на ~ば в современном японском язЫке / Прасол, А. Ф. -- 新潟大学教養部1993-12新潟大学教養部研究紀要 Vol.25 p.107-123 3 0
15 シモーヌ・ヴェーユの諸作品における語彙(その1) / 村上, 吉男 -- 新潟大学教養部1988-12新潟大学教養部研究紀要 Vol.19 p.25-64 3 0
16 <論説>談話における照応表現 / 成田, 圭市 -- 新潟大学教養部1990-12新潟大学教養部研究紀要 Vol.21 p.105-120 3 0
17 <論説>Virginia会社と「福音」 : Virginia会社の理想と実体 / 高橋, 正平 -- 新潟大学教養部1987-12新潟大学教養部研究紀要 Vol.18 p.75-85 2 0
18 「力」に関するノート(I) / 村上, 吉男 -- 新潟大学教養部1985-12新潟大学教養部研究紀要 Vol.16 p.19-50 2 0
19 <論説>第二次大戦後のトーマス・マン受容への一視点 : Marcel Reich-Ranicki(hg.) : 《Was halten Sie von Thomas Mann?》 / 三浦, 淳 -- 新潟大学教養部1988-12新潟大学教養部研究紀要 Vol.19 p.145-175 2 0
20 宮澤賢治とフランスの思想家たち(I) / 村上, 吉男 -- 新潟大学教養部1988-12新潟大学教養部研究紀要 Vol.19 p.13-23 2 0