ホーム    Nuar 総合案内    マイ・リポジトリ        English    ご意見

新潟大学学術リポジトリ Nuar >
210 大学院現代社会文化研究科 = Graduate School of Modern Society and Culture >
20 紀要 = Departmental Bulletin Paper >
01 現代社会文化研究 = The journal of the study of modern society and culture >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
18_0095.pdf100KbAdobe PDF
タイトル :埋蔵文化財の保護と発掘調査費用原因者負担主義
別言語のタイトル :Protection of Buried Cultural Assets and Excavation Research Expense Paid by Caused Person Policy
著者 :若槻, 勝則
公開者・出版者 :新潟大学大学院現代社会文化研究科
刊行年月 :2003-3
掲載誌名 :現代社会文化研究
巻 :26
開始ページ :17
終了ページ :33
ISSN :13458485
内容記述 :In our country the cultural products, which have historic, academic and artistic high value, or the ruins made indispensable for formation of national culture are disappearing every year. The fundamental cause is the development priority and the execution of the public works which do not change even if it goes into a low growth time. Especially it seems that "the cause person burden principle" of the excavation investigation expense of the urgent excavation investigation which is carried out in connection with public works etc. has big influence on this problem. Then, I want to explore the problem for how "the excavation investigation expense" of this urgent excavation investigation influences the cause person burden principle through an important judicial precedent.
キーワード :埋蔵文化財
開発優先と公共工事
緊急発掘調査
発掘調査費用負担
原因者負担主義
資料種別 :紀要論文
言語 :jpn
URI :http://hdl.handle.net/10191/1025
fullTextURL :http://dspace.lib.niigata-u.ac.jp/dspace/bitstream/10191/1025/1/18_0095.pdf
出現コレクション:01 現代社会文化研究 = The journal of the study of modern society and culture

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10191/1025

・学術リポジトリに登録されている研究成果の著作権は,著者,出版社(学協会)などが有します。

・学術雑誌に掲載された論文等は,発行された誌面とはレイアウトの相違や文言の違いなどがあり得ます。

・表示・ダウンロードした研究成果は,著作権法に規定されている私的使用,引用等の範囲内で利用してください。