ホーム    Nuar 総合案内    マイ・リポジトリ        English    ご意見

新潟大学学術リポジトリ Nuar >
210 大学院現代社会文化研究科 = Graduate School of Modern Society and Culture >
20 紀要 = Departmental Bulletin Paper >
01 現代社会文化研究 = The journal of the study of modern society and culture >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
18_0214.pdf114KbAdobe PDF
タイトル :討議資料 「財務会計の概念フレームワーク」における計算構造 : 損益計算書と賃借対照表の連携
別言語のタイトル :Calculation Structure in the Discussion Memorandum "Conceptual Framework of Financial Accounting"
著者 :高山, 浩
公開者・出版者 :新潟大学大学院現代社会文化研究科
刊行年月 :2005-12
掲載誌名 :現代社会文化研究
巻 :34
開始ページ :195
終了ページ :210
ISSN :13458485
内容記述 :As is generally known, almost only "asset and liability approach" is followed in the in the conceptual framework of United StateSFASB. On the other hand, in the recently-announced discussion memorandum "Conceptual Framework of Financial Accounting" by Accounting Standards Board of Japan, both the "asset and liability approach" and "revenue and expense approach" have been proposed. The approach suggested by this new Japanese discussion memorandum "Conceptual Framework of Financial Accounting" can therefore be considered to be a "dual approach". This paper therefore analyses this "dual approach", as allied to the overall calculation structure in financial accounting.
キーワード :概念フレームワーク
資産負債アプローチ
収益費用アプローチ
デュアルアプローチ
クリーンサープラス
賃借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準
資料種別 :紀要論文
言語 :jpn
URI :http://hdl.handle.net/10191/1088
fullTextURL :http://dspace.lib.niigata-u.ac.jp/dspace/bitstream/10191/1088/1/18_0214.pdf
出現コレクション:01 現代社会文化研究 = The journal of the study of modern society and culture

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10191/1088

・学術リポジトリに登録されている研究成果の著作権は,著者,出版社(学協会)などが有します。

・学術雑誌に掲載された論文等は,発行された誌面とはレイアウトの相違や文言の違いなどがあり得ます。

・表示・ダウンロードした研究成果は,著作権法に規定されている私的使用,引用等の範囲内で利用してください。