ホーム    Nuar 総合案内    マイ・リポジトリ        English    ご意見

新潟大学学術リポジトリ Nuar >
060 工学部 = Faculty of Engineering >
10 学術雑誌論文 = Journal Article >
20 プレプリント = Preprint >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
20_0001.pdf419KbAdobe PDF
タイトル :基本高水流量の算出過程に関する検討と合理的決定方法の考察
別言語のタイトル :CONSIDERATIONS ABOUT DECISION PROCESS AND RATIONAL DECISION OF DESIGN FLOOD DISCHARGE
著者 :佐藤, 裕和
大熊, 孝
内容記述 :Recently, there are many arguments about design flood discharge from environmental and economic points of view at the scene of flood control planning in Japan. In this paper, we made problems of the design flood discharge clear, especially quantitative relation of return-period between annual maximum rainfall and discharge by simulating. As a practical sample, we examined the case of the A River in Japan and got similar results by comparison with the simulation. Design flood discharge has been determined by specialist of the river engineering, but now many citizens are being involved in the arguments. So we also considered how the design flood discharge will be treated in the future.
キーワード :design flood discharge
measure of return-period by using annual maximum rainfalls and discharges
rational decision of design flood discharge
needs of flood control
資料種別 :プレプリント
言語 :jpn
URI :http://hdl.handle.net/10191/1154
fullTextURL :http://dspace.lib.niigata-u.ac.jp/dspace/bitstream/10191/1154/1/20_0001.pdf
出現コレクション:20 プレプリント = Preprint

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10191/1154

・学術リポジトリに登録されている研究成果の著作権は,著者,出版社(学協会)などが有します。

・学術雑誌に掲載された論文等は,発行された誌面とはレイアウトの相違や文言の違いなどがあり得ます。

・表示・ダウンロードした研究成果は,著作権法に規定されている私的使用,引用等の範囲内で利用してください。