HOME    Nuar Information    mypage        Japanese    Feedback

新潟大学学術リポジトリ Nuar >
060 工学部 = Faculty of Engineering >
40 学会発表資料 = Conference Paper/Presentation >
03 日本建築学会 >

 

Files in This Item:

File Description SizeFormat
110006888648.pdf497KbAdobe PDF
Title :伝統的様式を規範とした継承型住宅の形式と普及 : その2 継承型住宅の形成経緯・伝統的様式の継承度・普及手法の実態
Title alternative :Construction and spread of succession types based on traditional style : Part2: Details of constructing for succession types. Successive degree of traditionalstyle. The realities method for spread
Authors :小柳, 健
木野勢, 雄也
岡崎, 篤行
Publisher :日本建築学会
Issue Date :Jul-2004
Journal Title :日本建築学会北陸支部研究報告集
Volume :47
Start Page :342
End Page :345
ISSN :0385-9622
Abstract :本稿では、「その1」で抽出した9自治体の景観形成担当課に対する電話ヒアリングを実施し、以下の点を明らかにした。継承型住宅の形成経緯については「自然発生型」「企画提案型」「自然発生+企画提案型」「住民協定型」の4つが確認できた。デザインについては規範となっている歴史的建造物との関係から「町家→町家」タイプ、「屋敷→屋敷」タイプ、「町家→屋敷」タイプの3つに類型できた。普及手法については景観条例に基づくデザイン誘導や表彰制度が一定の効果をあげており、また設計士・大工による自主的な普及活動も重要である。
Keywords :Traditional Style
Standard
Succession Types
Succeeded Factor
Added Factor
伝統的様式
規範
継承型住宅
継承要素
付加要素
Type Local :会議発表論文
Language :jpn
Format :application/pdf
URI :http://hdl.handle.net/10191/17934
fullTextURL :http://dspace.lib.niigata-u.ac.jp/dspace/bitstream/10191/17934/1/110006888648.pdf
Relation :http://ci.nii.ac.jp/naid/110006888648
Rights :社団法人日本建築学会
本文データは学協会の許諾に基づきCiNiiから複製したものである
Appears in Collections:03 日本建築学会

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10191/17934