HOME    Nuar Information    mypage        Japanese    Feedback

新潟大学学術リポジトリ Nuar >
090 医学部保健学科 = School of Health Sciences, Faculty of Medicine  >
10 学術雑誌論文 = Journal Article >
10 査読済論文 = Postprint >

 

Files in This Item:

File Description SizeFormat
ZI_94(5)_859-863.pdf400KbAdobe PDF
Title :間節リウマチの腎障害に対する留意点(トピックス 特集 全身性疾患と腎病変 : 診断と治療の進歩 I.膠原病)
Authors :中野, 正明
Publisher :日本内科学会
Issue Date :May-2005
Journal Title :日本内科学会雑誌
Volume :94
Issue :5
Start Page :859
End Page :863
ISSN :0021-5384
Abstract :関節リウマチでは罹病期間の長い治療抵抗例を中心に,アミロイドーシスの合併により進行性の腎障害をきたす.抗リウマチ薬による膜性腎症の頻度も比較的高く,蛋白尿が遷延することが多い.血尿陽性例ではメサンギウム増殖性糸球体腎炎の合併頻度が高く,蛍光抗体法にてIgA腎症の所見を呈することが多い.電子顕微鏡により観察される糸球体基底膜の菲薄化も血尿の責任病変として頻度が高く,単独あるいは前述の各病変に重複して認められる.
Keywords :間節リウマチ
反応性AAアミロイドーシス
薬物性膜性腎症
メサンギウム増殖性糸球体腎炎
Type Local :学術雑誌論文
Language :jpn
Format :application/pdf
URI :http://hdl.handle.net/10191/17978
fullTextURL :http://dspace.lib.niigata-u.ac.jp/dspace/bitstream/10191/17978/1/ZI_94(5)_859-863.pdf
Appears in Collections:10 査読済論文 = Postprint

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10191/17978