HOME    Nuar Information    mypage        Japanese    Feedback

新潟大学学術リポジトリ Nuar >
230 大学院自然科学研究科 = Graduate School of Science and Technology >
40 学会発表資料 = Conference Paper/Presentation >
03 日本建築学会 >

 

Files in This Item:

File Description SizeFormat
ZD_51_277-280.pdf1144KbAdobe PDF
Title :家庭用コジェネレーションシステムの導入効果に関する研究 : その3 燃料電池の導入効果
Title alternative :Study on the Effectiveness of Co-Generation System in Houses : Part 3 Effectiveness of Fuel Cell for Hot-Water Supply
Authors :石山, 洋平
赤林, 伸一
坂口, 淳
久慈, 拓也
宮本, 啓太
Publisher :日本建築学会
Issue Date :Jul-2008
Journal Title :日本建築学会北陸支部研究報告集
Volume :51
Start Page :277
End Page :280
ISSN :0385-9622
Abstract :本報では、住宅における電力消費量と給湯負荷の実測調査結果を元に、燃料電池の導入効果にについて報告する。燃料電池を導入した場合、給湯エネルギー消費量の約70%、電力消費量の約50%をまかなうことが出来る。また、ガス、灯油給湯器使用住宅に比較して電気温水器使用住宅で一次エネルギー消費量とCO_2排出量の削減率が大きくなる。
Keywords :Fuel Cell
Hot-Water Supply
Energy consumption
Heat Pump Water Heater
燃料電池
給湯
エネルギー消費量
HP給湯器
Type Local :会議発表論文
Language :jpn
Format :application/pdf
URI :http://hdl.handle.net/10191/18290
fullTextURL :http://dspace.lib.niigata-u.ac.jp/dspace/bitstream/10191/18290/1/ZD_51_277-280.pdf
Rights :社団法人日本建築学会
Appears in Collections:03 日本建築学会

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10191/18290