HOME    Nuar Information    mypage        Japanese    Feedback

新潟大学学術リポジトリ Nuar >
230 大学院自然科学研究科 = Graduate School of Science and Technology >
40 学会発表資料 = Conference Paper/Presentation >
03 日本建築学会 >

 

Files in This Item:

File Description SizeFormat
ZD_51_197-200.pdf1268KbAdobe PDF
Title :戸建住宅を対象とした通風性能評価に関する研究 : その17 通風による冷房負荷削減効果に関する研究
Title alternative :Study on the Cooling Load Reduced by Cross Ventilation for Detached House
Authors :富岡, 誠子
赤林, 伸一
坂口, 淳
山口, 遵
Publisher :日本建築学会
Issue Date :Jul-2008
Journal Title :日本建築学会北陸支部研究報告集
Volume :51
Start Page :197
End Page :200
ISSN :0385-9622
Abstract :夏季の冷房用エネルギーの大幅な増加が懸念されている。本研究では、全国842都市において通風を利用することにより削減可能な冷房用エネルギーを求め、通風を利用することによる冷房負荷削減効果を明らかにする。窓を部分的に閉鎖しても、すべての窓を開放した場合より、冷房負荷削減率を高くすることが可能である。年間冷房負荷や冷房削減量は北海道から南下するに従い相対的に大きくなり、冷房負荷削減率は相対的に低<なる。一箇所以上通風利用が可能な場合と比べて、室断面の50%以上が通風利用が可能な場合では冷房負荷削減率が低下した。
Keywords :Cross Ventilation
Cooling Load
通風
冷房負荷
Type Local :会議発表論文
Language :jpn
Format :application/pdf
URI :http://hdl.handle.net/10191/18292
fullTextURL :http://dspace.lib.niigata-u.ac.jp/dspace/bitstream/10191/18292/1/ZD_51_197-200.pdf
Rights :社団法人日本建築学会
Appears in Collections:03 日本建築学会

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10191/18292