HOME    Nuar Information    mypage        Japanese    Feedback

新潟大学学術リポジトリ Nuar >
230 大学院自然科学研究科 = Graduate School of Science and Technology >
40 学会発表資料 = Conference Paper/Presentation >
03 日本建築学会 >

 

Files in This Item:

File Description SizeFormat
ZD_51_201-204.pdf1226KbAdobe PDF
Title :数値流体解析による住宅用厨房の温熱空気環境に関する研究 : その1 住宅用調理レンジ上の気流分布に関する検討
Title alternative :Study on the thermal environment and air flow distribution in the house kitchen by CFD analysis : Part 1 Study on the air flow distribution above the cooking heater
Authors :坂口, 淳
赤林, 伸一
都丸, 恵理
Publisher :日本建築学会
Issue Date :Jul-2008
Journal Title :日本建築学会北陸支部研究報告集
Volume :51
Start Page :201
End Page :204
ISSN :0385-9622
Abstract :IHレンジ、ガスレンジ使用時の高温部を再現したモデルを用いて、フードの排気風量を変化させた場合の各レンジにおける熱上昇流の再現及び廃気捕集率の算出を行う。70〜80%の廃気捕集率を得るための排気風量はガスレンジよりもIHレンジの方が少なく、廃気捕集率は排気風量300[m^3/h]で、各レンジ共に約90%となる。これは実測結果と同じ傾向を示し、各レンジ上の熱上昇流が比較的精度よく再現できた。鍋で発生した汚染質はIHレンジでは上昇する際壁面に付着していく傾向があり、ガスレンジではレンジ周辺の空気中へ拡散していく傾向がある。
Keywords :Capture Ratio
IH Cooking Heater
Gas Cooking Heater
廃気捕集率
IHレンジ
ガスレンジ
Type Local :会議発表論文
Language :jpn
Format :application/pdf
URI :http://hdl.handle.net/10191/18295
fullTextURL :http://dspace.lib.niigata-u.ac.jp/dspace/bitstream/10191/18295/1/ZD_51_201-204.pdf
Rights :社団法人日本建築学会
Appears in Collections:03 日本建築学会

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10191/18295