HOME    Nuar Information    mypage        Japanese    Feedback

新潟大学学術リポジトリ Nuar >
230 大学院自然科学研究科 = Graduate School of Science and Technology >
40 学会発表資料 = Conference Paper/Presentation >
03 日本建築学会 >

 

Files in This Item:

File Description SizeFormat
ZD_51_189-192.pdf1910KbAdobe PDF
Title :集合住宅の通風性能評価に関する研究 : その1 単独の集合住宅を対象としたCVDH解析
Title alternative :Study on the Evaluation of Cross Ventilation Performance of an Apartment Houses
Authors :赤林, 伸一
坂口, 淳
山口, 遵
Publisher :日本建築学会
Issue Date :Jul-2008
Journal Title :日本建築学会北陸支部研究報告集
Volume :51
Start Page :189
End Page :192
ISSN :0385-9622
Abstract :自然通風の利用は省エネルギーに有効であるが、集合住宅を対象とした通風性能に関する研究は数が少ないのが現状である。本報では既報で提案した通風デグリアワーを用いて、集合住宅を対象に、開口条件、断熱材の有無を変化させ、CVDHI_B、CVDHI_P、CVDHI_Tをそれぞれ算出し、集合住宅における通風性能を明らかにすることを目的とする.集合住宅のCVDHI_Tは妻側住戸及び最上階で大きくなり、更に断熱性能に影響を受ける.北部の都市に比べ南部の都市で、また累積風速が大きくなる都市でCVDHI_Tが大きくなることが明らかになった.
Keywords :Cross Ventilation Degree Hour of Indoor
CVDHI_B
CVDHI_P
CVDHI_T
室内通風デグリアワー
Type Local :会議発表論文
Language :jpn
Format :application/pdf
URI :http://hdl.handle.net/10191/18296
fullTextURL :http://dspace.lib.niigata-u.ac.jp/dspace/bitstream/10191/18296/1/ZD_51_189-192.pdf
Rights :社団法人日本建築学会
Appears in Collections:03 日本建築学会

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10191/18296