HOME    Nuar Information    mypage        Japanese    Feedback

新潟大学学術リポジトリ Nuar >
230 大学院自然科学研究科 = Graduate School of Science and Technology >
40 学会発表資料 = Conference Paper/Presentation >
03 日本建築学会 >

 

Files in This Item:

File Description SizeFormat
ZD_50_201-204.pdf967KbAdobe PDF
Title :住宅用厨房を対象とした排気フードの廃気捕集率に関する研究 : その2 人体模擬装置による擾乱を与えた場合の捕集率の変化
Title alternative :Study on the Capture Ratio of the Range Food Fan in the House Kitchen : Part 2 Change of Capture Ratio of Disturbance Made by Moving Panel
Authors :石山, 洋平
赤林, 伸一
坂口, 淳
富岡, 誠子
Publisher :日本建築学会
Issue Date :Jul-2007
Journal Title :日本建築学会北陸支部研究報告集
Volume :50
Start Page :201
End Page :204
ISSN :0385-9622
Abstract :本報では、家庭用のIHレンジとガスレンジを対象とし、人体模擬動作による擾乱が廃気捕集率に与える影響を比較し、IHレンジとガスレンジの特性の違いを明らかにした。擾乱を与えた場合、排気風量が増加すると排気捕集率は良くなる。又、パネルの動作速度が速くなると捕集率は低下し、パネルの大きさは捕集率に大きな影響を与えない。
Keywords :Capture Ratio
Moving Disturbance
IH Cooking Heater
Gas Range
廃気捕集率
人体模擬装置
IHレンジ
ガスレンジ
Type Local :会議発表論文
Language :jpn
Format :application/pdf
URI :http://hdl.handle.net/10191/18298
fullTextURL :http://dspace.lib.niigata-u.ac.jp/dspace/bitstream/10191/18298/1/ZD_50_201-204.pdf
Rights :社団法人日本建築学会
Appears in Collections:03 日本建築学会

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10191/18298