HOME    Nuar Information    mypage        Japanese    Feedback

新潟大学学術リポジトリ Nuar >
230 大学院自然科学研究科 = Graduate School of Science and Technology >
40 学会発表資料 = Conference Paper/Presentation >
03 日本建築学会 >

 

Files in This Item:

File Description SizeFormat
ZD_50_241-244.pdf1649KbAdobe PDF
Title :レストランにおける受動喫煙に関する基礎的研究
Title alternative :The basical study on passive smoking at a resutaurant
Authors :赤林, 伸一
坂口, 淳
都丸, 恵理
Publisher :日本建築学会
Issue Date :Jul-2007
Journal Title :日本建築学会北陸支部研究報告集
Volume :50
Start Page :241
End Page :244
ISSN :0385-9622
Abstract :本研究では、喫煙、非喫煙スペースが共存する評価空間としてレストランを対象とし、給排気口、喫煙席、椅子やデーブル等障害物の相対位置によるタバコ煙の拡散状況を明らかにし、粉塵濃度と臭気強度を用いた室内空気環境の評価を行うことを目的とする。喫煙席を密集させ、排気量の大きい排気口を専用に設けた場合に室内の粉塵濃度は最も低下する。しかし、粉塵の室内環境基準を満足していても、臭気に関しては良好な室内環境基準であるとは必ずしも言えない。
Keywords :Passive Smoking
Resutaurant
Concentration of contaminant
Odor
受動喫煙
レストラン
粉塵濃度
臭気
Type Local :会議発表論文
Language :jpn
Format :application/pdf
URI :http://hdl.handle.net/10191/18302
fullTextURL :http://dspace.lib.niigata-u.ac.jp/dspace/bitstream/10191/18302/1/ZD_50_241-244.pdf
Rights :社団法人日本建築学会
Appears in Collections:03 日本建築学会

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10191/18302