HOME    Nuar Information    mypage        Japanese    Feedback

新潟大学学術リポジトリ Nuar >
230 大学院自然科学研究科 = Graduate School of Science and Technology >
40 学会発表資料 = Conference Paper/Presentation >
03 日本建築学会 >

 

Files in This Item:

File Description SizeFormat
ZD_49_261-264.pdf1015KbAdobe PDF
Title :住宅の効率的な暖冷房・換気手法に関する研究 : その1 数値流体解析を用いた暖冷房・換気効率の検討
Title alternative :Reserch on air-conditioning and ventilation system in house : Part 1 The efficiency of various air-conditioning and ventilation systems analyzed by CFD
Authors :赤林, 伸一
坂口, 淳
鍛冶, 紘子
Publisher :日本建築学会
Issue Date :Jul-2006
Journal Title :日本建築学会北陸支部研究報告集
Volume :49
Start Page :261
End Page :264
ISSN :0385-9622
Abstract :本研究では、暖冷房時の換気方式による居室の室内温熱環境の良し悪しや、換気方式によって変化する換気効率を明らかにし、住宅設計者が良好な換気システムの選定を行う為の資料を整備することを目的とする。エアコン運転時の室内呼吸域局所空気交換効率(Ve)は、1.0程度の値となり、外気は室内で完全拡散しているのに対し、エアコン停止時はVeに大きな分布が生じる。また、給気口と排気口が近接しているほど、換気効率の悪い領域が増加する。
Keywords :Indoor temperature environment
Ventilation efficiency
Indoor breath region
Limited part air exchange efficiency
室内温熱環境
換気効率
室内呼吸域
局所空気交換効率
Type Local :会議発表論文
Language :jpn
Format :application/pdf
URI :http://hdl.handle.net/10191/18303
fullTextURL :http://dspace.lib.niigata-u.ac.jp/dspace/bitstream/10191/18303/1/ZD_49_261-264.pdf
Rights :社団法人日本建築学会
Appears in Collections:03 日本建築学会

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10191/18303