HOME    Nuar Information    mypage        Japanese    Feedback

新潟大学学術リポジトリ Nuar >
230 大学院自然科学研究科 = Graduate School of Science and Technology >
40 学会発表資料 = Conference Paper/Presentation >
03 日本建築学会 >

 

Files in This Item:

File Description SizeFormat
ZD_50_225-228.pdf1735KbAdobe PDF
Title :住宅の効率的な暖冷房・換気手法に関する研究 : その2 数値流体解析(CFD解析)を用いた温風暖房と床暖房時の比較
Title alternative :Research on air-conditioning and ventilation system in house : Part 2 The comparison of indoor environment in the case of air-conditioning and floor heating by CFD analysis
Authors :鍛冶, 紘子
赤林, 伸一
坂口, 淳
Publisher :日本建築学会
Issue Date :Jul-2007
Journal Title :日本建築学会北陸支部研究報告集
Volume :50
Start Page :225
End Page :228
ISSN :0385-9622
Abstract :本研究では、従来マクロ解析(回路網計算)により検討されてきた住宅全体の暖房時における換気方式の違いによる、居室の室内温熱環境や換気効率を、CFD解析を用いたミクロ解析で明らかにすることを目的とする。暖房時の換気量は、浮力により設定換気風量(0.5回/h)より増加し、第2種、第3種、第1種機械換気の順に多くなる。局所空気交換効率(ε_p)は、暖房方式(温風暖房、床暖房)による違いは見られない。
Keywords :Indoor thermal environment
Ventilation efficiency
Age of air
Local air exchange efficiency
室内温熱環境
換気効率
空気齢
局所空気交換効率
Type Local :会議発表論文
Language :jpn
Format :application/pdf
URI :http://hdl.handle.net/10191/18306
fullTextURL :http://dspace.lib.niigata-u.ac.jp/dspace/bitstream/10191/18306/1/ZD_50_225-228.pdf
Rights :社団法人日本建築学会
Appears in Collections:03 日本建築学会

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10191/18306