HOME    Nuar Information    mypage        Japanese    Feedback

新潟大学学術リポジトリ Nuar >
060 工学部 = Faculty of Engineering >
40 学会発表資料 = Conference Paper/Presentation >
03 日本建築学会 >

 

Files in This Item:

File Description SizeFormat
110006889061.pdf909KbAdobe PDF
Title :2007年新潟県中越沖地震による建築物被害と地震動の相関関係(材料・構造系)
Title alternative :Correlation between building damage with strong ground motions in The Niigataken Chuetsu-Oki Earthquake in 2007
Authors :中村, 友紀子
境, 有紀
加藤, 大介
Publisher :日本建築学会
Issue Date :Jul-2008
Journal Title :日本建築学会北陸支部研究報告集
Volume :51
Start Page :57
End Page :60
ISSN :0385-9622
Abstract :2007年新潟県中越沖地震での強震観測点周りを中心とした構造物被害と速度応答との相関を示した。柏崎市震度計、K-NET柏崎、柏崎市西山町の3観測点周りで全壊した建物があった。全壊家屋のある3箇所のうち2箇所が隣接していた為に、そのスペクトル性質のまま周期2秒以上で高い相関となる結果となった。しかし、中越地震時の記録も加えることにより、相関の高い周期帯が中越地震のみの場合よりも2秒以上の周期帯で相関が低くなり、1-2秒のピークがより明瞭に現れることがわかった。
Keywords :新潟県中越沖地震
建物被害
応答速度
Type Local :会議発表論文
Language :jpn
Format :application/pdf
URI :http://hdl.handle.net/10191/18400
fullTextURL :http://dspace.lib.niigata-u.ac.jp/dspace/bitstream/10191/18400/1/110006889061.pdf
Relation :http://ci.nii.ac.jp/naid/110006889061
Rights :社団法人日本建築学会
本文データは学協会の許諾に基づきCiNiiから複製したものである
Appears in Collections:03 日本建築学会

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10191/18400