HOME    Nuar Information    mypage        Japanese    Feedback

新潟大学学術リポジトリ Nuar >
260 大学院医歯学総合研究科(歯) = Graduate School of Medical and Dental Sciences (Dental) >
20 紀要 = Departmental Bulletin Paper >
01 新潟歯学会雑誌 = Niigata dental journal >

 

Files in This Item:

File Description SizeFormat
NS_17(1)_7-14.pdf2087KbAdobe PDF
Title :13年間に経験した外歯瘻患者35名の臨床的観察 : 稀な上唇正中部外歯瘻の1例を含めて
Title alternative :Clinical study of 35 patients with external dental fistula during past 13 years : Including a case of external dental fistula at upper lip
Authors :鍛冶, 昌孝
成, 辰熙
水谷, 英守
高桑, きよみ
大橋, 靖
Publisher :新潟歯学会
Issue Date :Jun-1987
Journal Title :新潟歯学会雑誌
Volume :17
Issue :1
Start Page :7
End Page :14
ISSN :0385-0153
Abstract :当科開設以来13年間に当科を受診した歯性感染症患者2,530名のうち,外歯瘻を認めた35名について臨床的観察を行うとともに文献的考察を行った。性別では,男女ほぼ同数であり,10歳代,20歳代の青年層に多かった。主訴では,腫脹, 瘻孔が気になるが多く,疼痛は少数であった。当科受診までの期間は,最短2か月から最長20年に亘り,その間,歯科,外科,皮膚科を受診したものが多かった。原因疾患は,根尖性歯周炎が大半を占め,下顎大臼歯に起因したものが多数を占めた。瘻孔部位は,下顎大臼歯では頬部,下顎前歯では頤部に開口したものが多く,原因歯と瘻孔部位が接近していた症例が大半を占めた。処置は,原病巣部の処置が必須であり,今回の調査では,抜歯が27名と大半を占めたが,歯根端切除,感染根管治療も各2名で行なわれていた。瘻孔部の処置は,10名に行われており,うち4名に,一次的瘻孔閉鎖,6名に二次的瘢痕修正が行われていた。今回の外歯瘻35名のうち,上唇正中部に外歯瘻の発症をみた極めて稀な1症例が含まれていたので,その概要を併せて報告した。
Keywords :external dental fistula
外歯瘻
medium upper lip
上口唇正中
Type Local :紀要論文
Language :jpn
Format :application/pdf
URI :http://hdl.handle.net/10191/19065
fullTextURL :http://dspace.lib.niigata-u.ac.jp/dspace/bitstream/10191/19065/1/NS_17(1)_7-14.pdf
Appears in Collections:01 新潟歯学会雑誌 = Niigata dental journal

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10191/19065