ホーム    Nuar 総合案内    マイ・リポジトリ        English    ご意見

新潟大学学術リポジトリ Nuar >
060 工学部 = Faculty of Engineering >
10 学術雑誌論文 = Journal Article >
10 査読済論文 = Postprint >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
1.J71D(9) p.1832-1838.pdf563KbAdobe PDF
タイトル :表面筋電図に混入するアーチファクトの一除去法
別言語のタイトル :An Elimination Method of Artifacts Added in Surface Myoelectric Signals
著者 :金子, 秀和
木竜, 徹
牧野, 秀夫
斉藤, 義明
公開者・出版者 :電子情報通信学会
刊行年月 :1988-9
掲載誌名 :電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム
巻 :J71-D
号 :9
開始ページ :1832
終了ページ :1838
ISSN :0913-5731
抄録 :表面筋電図測定において,電極界面の機械的じょう乱,信号線の揺れ等によるアーチファクトの混入は測定データを劣化させる.このようなアーチファクトの影響は,動的運動時筋活動解析を目的とした筋電図測定において更に顕著となる.従来のアーチファクト除去法は,筋電図波形またはアーチファクト波形の形状をモデル化していた.しかし,その種の方法はモデル決定の複雑さ,モデル化の対象となる波形の時間変化に対する処理の仕方などに問題があった.今回は,筋電図信号の選択的小振幅化,その作用の打消し,小振信号の除去,以上3種類のフィルタを,H-フィルタの構造と同様に接続して用いるアーチファクト除去法を提案した.但し,静的運動時筋電図信号に対し,局所定常性を仮定してARモデルを適用している.その結果,種々のアーチファクトの除去,モデル決定の簡単化,アーチファクト波形の形状変化による影響の軽減,そして,他の処理法と比較して推定誤差の低減,処理系の簡単化等がなされた.
資料種別 :学術雑誌論文
言語 :jpn
フォーマット :application/pdf
URI :http://hdl.handle.net/10191/19362
fullTextURL :http://dspace.lib.niigata-u.ac.jp/dspace/bitstream/10191/19362/1/1.J71D(9) p.1832-1838.pdf
関連 :http://www.ieice.org/jpn/trans_online/
権利 :copyright©1988 IEICE
出現コレクション:10 査読済論文 = Postprint

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10191/19362

・学術リポジトリに登録されている研究成果の著作権は,著者,出版社(学協会)などが有します。

・学術雑誌に掲載された論文等は,発行された誌面とはレイアウトの相違や文言の違いなどがあり得ます。

・表示・ダウンロードした研究成果は,著作権法に規定されている私的使用,引用等の範囲内で利用してください。