ホーム    Nuar 総合案内    マイ・リポジトリ        English    ご意見

新潟大学学術リポジトリ Nuar >
060 工学部 = Faculty of Engineering >
10 学術雑誌論文 = Journal Article >
10 査読済論文 = Postprint >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
4.J74D2(3) p.426-433.pdf522KbAdobe PDF
タイトル :双極導出表面筋電図測定における神経支配帯の妨害およびその一低減方法
別言語のタイトル :The Interferences of Innervation Zones on Bipolar Surface EMG Signals and a Reducing Method
著者 :金子, 秀和
木竜, 徹
斉藤, 義明
公開者・出版者 :電子情報通信学会
刊行年月 :1991-3
掲載誌名 :電子情報通信学会論文誌. D-II, 情報・システム, II-情報処理
巻 :J74-D-II
号 :3
開始ページ :426
終了ページ :433
ISSN :0915-1923
抄録 :従来,双極導出表面筋電図を神経筋疾患の診断,電動義肢の制御等に役立てようとする研究が行われている.しかし,筋電図評価パラメータ(積分値平均電位,平均周波数等)は導出表面電極の装着位置により異なった値を示す.ここでは,神経支配帯と表面電極の位置関係の変化が表面筋電図測定を妨害することの影響を検討し,更にその影響の低減方法について述べる.神経支配帯とは筋肉内で神経終板が集中している部分であり,筋活動電位はこの部分で発生し筋線維上を伝搬する.神経支配帯と表面電極との位置関係が与える種々の影響を検討するため,空間的表面筋電図発生モデルを構築した.このモデルにより動的運動時表面筋電図波形を合成し,評価パラメータの値の変化を実測波形と比較した.なお,被験筋は上腕二頭筋である.次に,このシミュレーション結果を参考にして,神経支配帯の数が少ない場合における神経支配帯の影響の一低減方法を提案した.提案した低減方法は神経支配帯の位置を特定する必要がないため臨床応用に適していると思われる.
資料種別 :学術雑誌論文
言語 :jpn
フォーマット :application/pdf
URI :http://hdl.handle.net/10191/19365
fullTextURL :http://dspace.lib.niigata-u.ac.jp/dspace/bitstream/10191/19365/1/4.J74D2(3) p.426-433.pdf
関連 :http://www.ieice.org/jpn/trans_online/
権利 :copyright©1991 IEICE
出現コレクション:10 査読済論文 = Postprint

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10191/19365

・学術リポジトリに登録されている研究成果の著作権は,著者,出版社(学協会)などが有します。

・学術雑誌に掲載された論文等は,発行された誌面とはレイアウトの相違や文言の違いなどがあり得ます。

・表示・ダウンロードした研究成果は,著作権法に規定されている私的使用,引用等の範囲内で利用してください。