HOME    Nuar Information    mypage        Japanese    Feedback

新潟大学学術リポジトリ Nuar >
360 災害・復興科学研究所 = Research Institute for Natural Hazards and Disaster Recovery >
10 学術雑誌論文 = Journal Article >
10 査読済論文 = Postprint >

 

Files in This Item:

File Description SizeFormat
69(4)_471-480.pdf10428KbAdobe PDF
Title :高密度雪塊の衝撃力特性と破壊過程
Title alternative :Mechanical characteristics of high-density snow blocks during collision
Authors :庄司, 淳
和泉, 薫
河島, 克久
伊豫部, 勉
Publisher :日本雪氷学会
Issue Date :2007
Journal Title :雪氷
Volume :69
Issue :4
Start Page :471
End Page :480
ISSN :0373-1006
Abstract :高密度雪塊の衝撃力特性を明らかにするため,雪崩実験用シュート等を用いて密度630~790kgm-3の雪塊の衝撃力を測定するとともに,高速度ビデオカメラを用いてその破壊状況の観察を行い,低密度雪塊との比較を行った.高密度雪塊は衝突直後に雪塊の後端部まで亀裂が生じ,破壊が短時間に完了する破壊形式であった.これにより,雪塊全体の運動量変化が衝突直後の短時間に集中するために,最大衝撃力が非常に大きくなることが明らかになった.また,高密度雪塊が遇角的に衝突した場合には,平面的に衝突した場合と比較して最大衝撃力は小さくなるが,局所的な衝撃圧は平面的衝突の2~3倍大きくなった.これは高密度雪塊の遇角的衝突では実質の衝突面積の減少による圧力増加の効果が大きいことを意味する.これらの結果から,高密度雪塊の衝撃力特性は衝突時の剛体的な挙動に起因していることがわかった.これは衝突時の挙動が流体的である低密度雪塊には見られない特性である.
Keywords :高密度雪塊
衝撃力
衝撃圧
破壊
遇角的衝突
high-density snow blocks
impact force
impact pressure
failure
corner collision
Type Local :学術雑誌論文
Language :jpn
Format :application/pdf
URI :http://hdl.handle.net/10191/19742
fullTextURL :http://dspace.lib.niigata-u.ac.jp/dspace/bitstream/10191/19742/1/69(4)_471-480.pdf
Appears in Collections:10 査読済論文 = Postprint

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10191/19742