HOME    Nuar Information    mypage        Japanese    Feedback

新潟大学学術リポジトリ Nuar >
040 経済学部 = Faculty of Economics >
20 紀要 = Departmental Bulletin Paper >
02 新潟大学経済論集 = The journal of economics, Niigata University >

 

Files in This Item:

File Description SizeFormat
93_91-135.pdf848KbAdobe PDF
Title :契約理論分析における数値計算アプローチ : 逆選択問題の場合
Title alternative :A Numerical Approach to Contract Theory : The Case of Adverse Selection Problem
Authors :橋本, 日出男
濱田, 弘潤
細江, 宣裕
Publisher :新潟大学経済学会
Issue Date :Sep-2012
Journal Title :新潟大学経済論集
Volume :93
Start Page :91
End Page :135
ISSN :0286-1569
Abstract :本稿は、伊藤(2003, 第1章)で示された逆選択問題「部品調達問題」について数値計算モデルを構築し、この種のモデルの特性について数値例によって理解を深めようとするものである。前半では伊藤に従って2タイプと3タイプのケースを考察し、後半では理論モデルに導入された簡単化のための過程を外した場合や、簡単化の過程が成立する状況がどの程度おこりそうであるかについても検討する。さらに、数値計算モデルの優位性を生かして、タイプ数が非常に多い場合であってもモデルを容易に拡張・適用できることを示す。
Keywords :プリンシパル・エージェント問題
逆選択
数値計算モデル
単一交差性
単調性
Type Local :紀要論文
Language :jpn
Format :application/pdf
URI :http://hdl.handle.net/10191/20404
fullTextURL :http://dspace.lib.niigata-u.ac.jp/dspace/bitstream/10191/20404/1/93_91-135.pdf
Appears in Collections:02 新潟大学経済論集 = The journal of economics, Niigata University

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10191/20404