ホーム    Nuar 総合案内    マイ・リポジトリ        English    ご意見

新潟大学学術リポジトリ Nuar >
030 法学部 = Faculty of Law >
10 学術雑誌論文 = Journal Article >
10 査読済論文 = Postprint >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
TT_11-36.pdf1678KbAdobe PDF
タイトル :労働の再定義 : 現代フランス福祉国家論における国家・市場・社会
別言語のタイトル :Redefining the Meaning of Work : State, Market, and Society in the Arguments Regarding Reform of the Welfare State in France
著者 :田中, 拓道
公開者・出版者 :日本政治学会
刊行年月 :2008-6
掲載誌名 :年報政治学
巻 :2008
号 :1
開始ページ :11
終了ページ :36
ISSN :0549-4192
抄録 :The purpose of this paper is to examine the recent discussions on the relation-ship between the obligation to work and the social citizenship in France. Work is one of the primary obligations of citizens since the French Revolution, and the welfare state after the Second World War is constructed on the basis of this “centrality of work.” However, since the 1970s, as the working conditions has become more unstable, the correspondence between the obligation to work and the social citizenship (or the social right) has become the central object of political and philosophical debates. Three types of arguments can be distinguished: free work from social regulations and reduce public social security; implement new policies for “inclusion” and work-sharing in order to re-balance the social right and the obligation to work; redefine the meaning of work from “salaried work” to “activity.” These arguments illustrate the new confrontations about the future possibilities of the welfare state.
資料種別 :学術雑誌論文
言語 :jpn
フォーマット :application/pdf
URI :http://hdl.handle.net/10191/21523
fullTextURL :http://dspace.lib.niigata-u.ac.jp/dspace/bitstream/10191/21523/1/TT_11-36.pdf
出現コレクション:10 査読済論文 = Postprint

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10191/21523

・学術リポジトリに登録されている研究成果の著作権は,著者,出版社(学協会)などが有します。

・学術雑誌に掲載された論文等は,発行された誌面とはレイアウトの相違や文言の違いなどがあり得ます。

・表示・ダウンロードした研究成果は,著作権法に規定されている私的使用,引用等の範囲内で利用してください。