ホーム    Nuar 総合案内    マイ・リポジトリ        English    ご意見

新潟大学学術リポジトリ Nuar >
060 工学部 = Faculty of Engineering >
10 学術雑誌論文 = Journal Article >
10 査読済論文 = Postprint >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
J66-B_12_1478-1485.pdf557KbAdobe PDF
タイトル :周波数ホッピング方式におけるダイバ-シチ効果
別言語のタイトル :Effect of Diversity on Frequence Hopping Techniques
著者 :松本, 博光
仙石, 正和
阿部, 武雄
公開者・出版者 :電子情報通信学会
刊行年月 :1983-12
掲載誌名 :電子通信学会論文誌. B
巻 :J66-B
号 :12
開始ページ :1478
終了ページ :1485
ISSN :0373-6105
抄録 :陸上移動通信において周波数ホッピング方式を適用すると,多重伝搬による周波数選択性レイリーフェージングに対して周波数ダイバーシチ効果が期待できる.従来,最も基本的な1データ2チップの周波数ホッピング方式の周波数選択性レイリーフェージング下での拡散帯域とダイバーシチ効果の関係について検討され,2チップのホップング範囲を分割する方式が提案されている.本論文では1データ2チップの周波数ホッピング方式においてホッピング範囲を細分割したり,2チップの周波数差を制限することにより,従来得られた結果よりもさらにダイバーシチ利得が得られることを示し,その分割数及び周波数差の最適値を求めている.又,従来の結果はチップ数が無限であるとの仮定に立っていたのに対し,チップ数が有限で離散的な場合との数値計算による比較も行っている.更に,1データ2チップを1データ多チップにした場合のダイバーシチ効果について検討を行い,チップ数の増加に従い劣化の改善の割合が減少することを示している.
資料種別 :学術雑誌論文
言語 :jpn
フォーマット :application/pdf
URI :http://hdl.handle.net/10191/22447
fullTextURL :http://dspace.lib.niigata-u.ac.jp/dspace/bitstream/10191/22447/1/J66-B_12_1478-1485.pdf
関連 :http://www.ieice.org/jpn/trans_online/
権利 :copyright(C)1983 IEICE
出現コレクション:10 査読済論文 = Postprint

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10191/22447

・学術リポジトリに登録されている研究成果の著作権は,著者,出版社(学協会)などが有します。

・学術雑誌に掲載された論文等は,発行された誌面とはレイアウトの相違や文言の違いなどがあり得ます。

・表示・ダウンロードした研究成果は,著作権法に規定されている私的使用,引用等の範囲内で利用してください。