ホーム    Nuar 総合案内    マイ・リポジトリ        English    ご意見

新潟大学学術リポジトリ Nuar >
450 大学教育機能開発研究センター = Research Institute for Faculty Development  >
20 紀要 = Departmental Bulletin Paper >
01 大学教育研究年報 >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004300985.pdf807KbAdobe PDF
タイトル :授業時間外の学習を促す講義法(<特集>単位制度と大学教育改善(大学教育開発研究センター第8回ワークショップ))
別言語のタイトル :An Attempt to Encourage Students to Exert Themselves Toward Extracurricular Work
著者 :渡辺, 勇一
公開者・出版者 :新潟大学大学教育開発研究センター
刊行年月 :1998-10
掲載誌名 :大学教育研究年報
巻 :4
開始ページ :21
終了ページ :24
内容記述 :We teachers generally require students to make reports in case we cannot give examinations for some reasons. I describe herein a way to take advantage of obligatory report-work for the purpose of; 1) encouraging students to have preliminary knowledge of biology, and 2) giving a more effective lecture on the basis of students' preparation. For the sake of convenience, the former and latter subjects are referred to as type I and II reports, respectively. The type I subjects include problems that are not solved without penetrating into deep biological implications of bodily structures and functions. The results of the reports are reviewed and criticized afterward in combination with the focus of lectures. Whereas the type II subjects, which are not directly related with lectures, concern the life of a great scientist such as Louis Pasteur. Preparation for both the types of reports may be superior to that for a lesson done on a fixed textbook because it seems less boring for students.
キーワード :General education
Improvement of class
Report making
Preparation for lesson
Preliminary knowledge of Biology
資料種別 :紀要論文
言語 :jpn
URI :http://hdl.handle.net/10191/2287
fullTextURL :http://dspace.lib.niigata-u.ac.jp/dspace/bitstream/10191/2287/1/KJ00004300985.pdf
出現コレクション:01 大学教育研究年報

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10191/2287

・学術リポジトリに登録されている研究成果の著作権は,著者,出版社(学協会)などが有します。

・学術雑誌に掲載された論文等は,発行された誌面とはレイアウトの相違や文言の違いなどがあり得ます。

・表示・ダウンロードした研究成果は,著作権法に規定されている私的使用,引用等の範囲内で利用してください。