ホーム    Nuar 総合案内    マイ・リポジトリ        English    ご意見

新潟大学学術リポジトリ Nuar >
260 大学院医歯学総合研究科(歯) = Graduate School of Medical and Dental Sciences (Dental) >
20 紀要 = Departmental Bulletin Paper >
01 新潟歯学会雑誌 = Niigata dental journal >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
NS_34(2)_1-13.pdf11395KbAdobe PDF
タイトル :歯の損傷後の歯髄修復過程と象牙質・歯髄複合体の生態学的特性
別言語のタイトル :Repair Responses of Dental Pulp to Tooth Injury and Biological Properties of Dentin-pulp Complex
著者 :大島, 勇人
公開者・出版者 :新潟歯学会
刊行年月 :2004-12
掲載誌名 :新潟歯学会雑誌
巻 :34
号 :2
開始ページ :1
終了ページ :13
ISSN :0385-0153
抄録 :Regeneration-the creation of a new tissue after the original one has been lost-is the fundamental biological capability in an organism. Numerous organs are considered to contain stem cells referred to as adult stem cells, even in the adult. Adult stem cells can give rise to a limited set of adult tissue types. In the field of clinical dentistry, it is well-known that the dentin-pulp complex is capable of repair after tooth injuries such as tooth replantation/transplantation or restorative procedures including cavity preparation. This phenomenon may indicate that dental pulp stem cells exist in the pulp tissue of the matured tooth. However, the exact origin of the cells responsible for secretion of reparative dentin matrix has not been clearly identified. The existence of the dental pulp stem cells in the human wisdom or deciduous teeth, which has been reported by the recent studies, would be informative for the regenerative treatment of teeth. This review focuses on the repair responses of dental pulp to tooth injury and the possible role of antigen-presenting cells and heat shock proteins (HSPs) in the reparative processes. Moreover, attention is focused on adult stem cells in the pulp tissue. HSPs are expressed in normal various cells as well as under stressful conditions, although they were first discovered under the latter conditions. These proteins have been reported to possess diferent functions including molecular chaperones or a general mediator of inflammation. Our recent studies have demonstrated that the intense HSP-25-immunoreactivity is found in the differentiated odontoblasts. Tooth injuries such as cavity preparation or tooth replantation cause the degeneration of the odontoblast layer to result in the loss of HSP-25-immunoreactions in the suffered dental pulp. Numerous class Ⅱ major histocompatibility complex (MHC)-positive cells appeared temporarily along the pulp-dentin border after these injuries. Subsequently, newly differentiated odontoblasts acquire an HSP-25-immunoreactivity. These findings indicate that the time course of changes in the expression of HSP-25-immunoreactivity reflects the degeneration/regeneration process of odontoblasts and that the temporal appearance of the class ⅡMHC-positive cells at the pulp-dentin border is suggestive of their participation in odontoblast differentiation as well as in initial defense reactions during the pulpal regeneration process. Thus, it is important to recognize that a variety of cellular signaling from these components may be present in the extracellular milieu at sites of injury in the pulp tissue.
生物のもつ最も生命らしい現象の一つに再生がある。私たちのからだは、外傷や切断などの物理的損傷に対しての治癒能力を備えており、その傷を受けた場所に応じて修復し、元通りに再生する。この様な再生現象において、細胞が作り出されるかなめの部分には組織幹細胞が存在する。歯科領域においでも再生現象が知られており、窩洞形成や歯の再植・移植等の歯の損傷に対して、歯髄は再生能力を有している。しかしながら、歯髄組織再生に必要な組織幹細胞の存在は臨床経験から推察されているものの実験によっては実証されていないのが現状であり、再生の場が大きく失われると再生が期待できない場合が多い。 最近、ヒトの智歯や脱落乳歯から歯髄幹細胞を同定したという報告が相次ぎ、歯髄の再生医療は手の届きそうな段階まできたかの印象を受ける。本稿では、これまで私たちが明らかにした研究データを基盤に、歯の損傷後の歯髄修復過程における抗原提示細胞とストレスタンパク質の役割について概説し、歯髄における組織幹細胞の存在と役割についても言及する。ストレスタンパク質(熱ショックタンパク質)heat shock protein(HSP)とは、生物が高温などのストレスにさらされた時に一時的に合成が誘発されるタンパク質で、ストレスによる損傷からの自身の防御と修復に関与するが、炎症反応を活性化することも知られている。この様なストレスタンパク質のうち低分子量のHSP-25が象牙芽細胞に高濃度に存在している。窩洞形成・歯の再植後の歯髄修復過程においても、再生象牙芽細胞がHSP-25発現を示すことが明らかになっており、歯髄間葉細胞の象牙芽細胞への最終分化にストレスタンパク質が重要な役割を果たすとともに、変性した象牙芽細胞から漏出したストレスタンパク質が免疫反応に影響を与えていることが推測された。一方、この様な歯髄修復過程において、歯髄・象牙質界面にクラスⅡ主要組織適合複合体(major histocompatibility complex:MHC)分子をもつ抗原提示細胞が一過性に出現することも明らかになっている。ストレスタンパク質と抗原提示細胞の相互作用が歯髄侵襲後の迅速な象牙芽細胞分化に一役を担っているのかもしれない。歯髄の再生過程は、上皮組織が存在しない環境下で、象牙質を含む細胞外基質、免疫担当細胞の遊走、象牙芽細胞の変性という3つの側面から現象を捉える必要がある。
キーワード :窩洞形成
歯髄
クラスII組織適合抗原
免疫組織化学
象牙芽細胞
再生
歯の再植
Dental Cavity Preparation
Dental Pulp
Histocompatibility Antigens Class II
Immunohistochemistry
Odontoblasts
Regeneration
Tooth Replantation
資料種別 :紀要論文
言語 :jpn
フォーマット :application/pdf
URI :http://hdl.handle.net/10191/23325
fullTextURL :http://dspace.lib.niigata-u.ac.jp/dspace/bitstream/10191/23325/1/NS_34(2)_1-13.pdf
出現コレクション:01 新潟歯学会雑誌 = Niigata dental journal

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10191/23325

・学術リポジトリに登録されている研究成果の著作権は,著者,出版社(学協会)などが有します。

・学術雑誌に掲載された論文等は,発行された誌面とはレイアウトの相違や文言の違いなどがあり得ます。

・表示・ダウンロードした研究成果は,著作権法に規定されている私的使用,引用等の範囲内で利用してください。