HOME    Nuar Information    mypage        Japanese    Feedback

新潟大学学術リポジトリ Nuar >
260 大学院医歯学総合研究科(歯) = Graduate School of Medical and Dental Sciences (Dental) >
20 紀要 = Departmental Bulletin Paper >
01 新潟歯学会雑誌 = Niigata dental journal >

 

Files in This Item:

File Description SizeFormat
NS_38(2)_95-101.pdf887KbAdobe PDF
Title :ワッテ法と吐唾法による唾液分泌量の比較
Title alternative :Comparative Study of Salivary Secretion in Cotton roll method and Spitting method
Authors :船山, さおり
伊藤, 加代子
濃野, 要
人見, 康正
宮崎, 秀夫
井上, 誠
五十嵐, 敦子
Publisher :新潟歯学会
Issue Date :Dec-2008
Journal Title :新潟歯学会雑誌
Volume :38
Issue :2
Start Page :95
End Page :101
ISSN :0385-0153
Abstract :口腔乾燥症の診断には, 安静時唾液分泌量の測定が重要である。一般的に吐唾法が用いられているが, 唾液を吐出する能力を必要とするため唾液の吐出が難しい患者への応用は困難である。ワッテ法は, 術者がロールワッテを舌下部へ挿入し, 唾液を吸収させる方法であるため吐出が不要である。また, 測定時間はわずか30秒間もしくは60秒間と比較的短く簡便である。しかし, その有用性およびカットオフ値に関する検討はまだなされていないのが現状である。そこで, ワッテ法のドライマウスの臨床における有用性を検討する目的で, ワッテ法と吐唾法との比較検討を行った。被験者は, 口腔乾燥を自覚していない健常者26名と新潟大学医歯学総合病院くちのかわき外来受診者10名の計36名とした。吐唾法による15分間の安静時唾液, 30秒間および60秒間のワッテ法による唾液分泌量を測定し分析した。その結果, 吐唾法による安静時唾液分泌量とワッテ法30秒値, 60秒値との間にいずれも有意な正の相関が認められた。従って, ワッテ法は唾液分泌測定法のひとつとして利用できることが示唆された。さらに, ワッテ法における唾液分泌機能低下の目安としてカットオフ値を算出した結果, 30秒値は0.14g, 60秒値は0.25gとなった。本研究の被験者のうち, 唾液分泌が実際に減少しているものは9名のみであった。今後, 被験者を増やし, ワッテ法におけるカットオフ値を明確にする必要があると考えている。
The measurement of unstimulated salivary volume is necessary for diagnosis of hyposalivation. There are many methods to evaluate the salivary volume. Although spitting method is generally used, it is difficult to apply to the patients who are unable to spit out their saliva. The cotton method, one of the absorbent methods, is not dependent to the subject's ability of spitting out and is accomplished in only 30 or 60 seconds. Therefore, this method may be a standard screening of hyposalivation. However, there is no data to discuss the relationship between spitting method and cotton method. The purpose of this study was to compare these two methods and to reveal the cut-off value of hyposalivation. Thirty six subjects have participated in this study. 26 subjects were healthy adults, 10 patients were the out patients of dry mouth clinic. Spitting method, 30 and 60 seconds cotton method were performed by well trained dentists, respectively. Strong positive correlations were found between spitting method and 30 seconds cotton methods (ρ= 0.480, p <0.05), spitting method and 60 seconds cotton methods (ρ= 0.514, p <0.01). The cut-off value of 30 and 60 seconds cotton method calculated with the regression lines were 0.14g and 0.25g, respectively. It is suggested that cotton method is useful for screening of hyposaivation. Further studies are necessary to clarify the cotton method.
Keywords :口腔乾燥症 Xerostomia
唾液 Saliva
ワッテ法 Cotton method
Type Local :紀要論文
Language :jpn
Format :application/pdf
URI :http://hdl.handle.net/10191/24903
fullTextURL :http://dspace.lib.niigata-u.ac.jp/dspace/bitstream/10191/24903/1/NS_38(2)_95-101.pdf
Appears in Collections:01 新潟歯学会雑誌 = Niigata dental journal

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10191/24903