ホーム    Nuar 総合案内    マイ・リポジトリ        English    ご意見

新潟大学学術リポジトリ Nuar >
010 人文学部 = Faculty of Humanities >
10 学術雑誌論文 = Journal Article >
10 査読済論文 = Postprint >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
17_1_23-35.pdf962KbAdobe PDF
タイトル :割地制度とコモンズ : 新潟県西蒲原郡の事例
別言語のタイトル :Warichi and Commons : Case studies in Nishikanbara-gun, Niigata prefecture
著者 :佐藤, 康行
公開者・出版者 :日本村落研究学会
刊行年月 :2010-10
掲載誌名 :村落社会研究ジャーナル
巻 :17
号 :1
開始ページ :23
終了ページ :35
ISSN :1882-4560
抄録 :This article considers contemporary conditions of warichi in both irrigation and forests in Nishikanbara-gun, Niigata prefecture, from the perspective of the commons. The warichi , allegedly established in early modern Japan, is a redistribution system of arable land and forest to share risks associated with natural disasters and to pay land taxes proportionally among landholders in each village. Therefore, the warichi is a corporate form of landholdings. This article presents research from the contemporary conditions of warichi in two cases. I found that the warichi formally remains in the mountain forest, while it has been eliminated in the cultivated land holdings. Considering the landholders’ managing irrigation systems today, warichi could be called a commons. The mountain forest can be said to continue to be commons in that ordinary people can access the areas and enjoy climbing the mountain. Furthermore, this research finds that the mountain forest would be better managed by a cooperative network between mountain landholders, local public administration, and volunteer groups.
資料種別 :学術雑誌論文
言語 :jpn
フォーマット :application/pdf
URI :http://hdl.handle.net/10191/24929
fullTextURL :http://dspace.lib.niigata-u.ac.jp/dspace/bitstream/10191/24929/1/17_1_23-35.pdf
関連 :https://www.jstage.jst.go.jp/article/jars/17/1/17_23/_pdf
権利 :日本村落研究学会
本文データは学協会の許諾に基づきJ-Stageから複製したものである
出現コレクション:10 査読済論文 = Postprint

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10191/24929

・学術リポジトリに登録されている研究成果の著作権は,著者,出版社(学協会)などが有します。

・学術雑誌に掲載された論文等は,発行された誌面とはレイアウトの相違や文言の違いなどがあり得ます。

・表示・ダウンロードした研究成果は,著作権法に規定されている私的使用,引用等の範囲内で利用してください。