ホーム    Nuar 総合案内    マイ・リポジトリ        English    ご意見

新潟大学学術リポジトリ Nuar >
070 農学部 = Faculty of Agriculture >
10 学術雑誌論文 = Journal Article >
10 査読済論文 = Postprint >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
110006879105.pdf532KbAdobe PDF
タイトル :Simultaneous biodegradation of chloro- and methylthio-s-triazines using charcoal enriched with a newly developed bacterial consortium
著者 :Yamazaki, Ken-ichi
Takagi, Kazuhiro
Fujii, Kunihiko
Iwasaki, Akio
Harada, Naoki
Uchimura, Tai
公開者・出版者 :日本農薬学会
刊行年月 :2008-8
掲載誌名 :Journal of Pesticide Science
巻 :33
号 :3
開始ページ :266
終了ページ :270
ISSN :1348-589X
抄録 :A special type of charcoal, Charcoal A100, was enriched with a newly developed bacterial consortium using a perfusion method. The bacterial consortium consisted of a methylthio-s-triazine-de-grading bacterium (Rhodococcus sp. FJ1117YT) and the chloro-s-triazine-degrading bacterial consortium CD7 (containing Bradyrhizobium japonicam CSB1, Arthrobacter sp. CD7w and β-Proteobacteria CDB21). Enriched charcoal was capable of degrading chloro-s-triazines (simazine and atrazine) and methylthio-s-triazines (simetryn and dimethametryn) simultaneously in sulfur-free medium. Almost complete degradation was observed after 4-day cultivation of chloro-s-triazines and 9-day cultivation of methylthio-s-triazines. These triazines were mineralized via their 2-hydroxy analogues.
キーワード :biodegradation
methylthio-s-triazines
chloro-s-tri-azines
bacterial consortium
Charcoal A100
資料種別 :学術雑誌論文
言語 :eng
フォーマット :application/pdf
URI :http://hdl.handle.net/10191/24983
fullTextURL :http://dspace.lib.niigata-u.ac.jp/dspace/bitstream/10191/24983/1/110006879105.pdf
DOI :info:doi/10.1584/jpestics.G08-08
関連 :http://ci.nii.ac.jp/naid/110006879105
権利 :Copyright (C) 2008 Pesticide Science Society of Japan
本文データは学協会の許諾に基づきCiNiiから複製したものである
出現コレクション:10 査読済論文 = Postprint

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10191/24983

・学術リポジトリに登録されている研究成果の著作権は,著者,出版社(学協会)などが有します。

・学術雑誌に掲載された論文等は,発行された誌面とはレイアウトの相違や文言の違いなどがあり得ます。

・表示・ダウンロードした研究成果は,著作権法に規定されている私的使用,引用等の範囲内で利用してください。