ホーム    Nuar 総合案内    マイ・リポジトリ        English    ご意見

新潟大学学術リポジトリ Nuar >
070 農学部 = Faculty of Agriculture >
10 学術雑誌論文 = Journal Article >
10 査読済論文 = Postprint >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
45_1_155-160.pdf414KbAdobe PDF
タイトル :中国の小麦食圏における都市住民の米食普及 : 主に石家庄市おける消費者アンケート調査から
別言語のタイトル :The Spread of Rice Consumption of Urban Residents in the Wheat Consuming Provinces of China : Based on Consumer Questionnaires in Shijiazhuan City
著者 :青柳, 斉
伊藤, 亮司
公開者・出版者 :地域農林経済学会
刊行年月 :2009-6
掲載誌名 :農林業問題研究
巻 :45
号 :1
開始ページ :155
終了ページ :160
ISSN :0388-8525
抄録 :In China, the per capita rice consumption of rural residents in provinces where the staple food is rice has been decreasing since 1991. In contrast, in provinces where the staple food is wheat the per capita rice consumption has increased. It is assumed that in provinces where the staple food is wheat, the rural residents’ tendency to increase the rice consumption is fairly preceded by the urban residents. To investigate this phenomenon, consumer questionnaires were administered to residents in the city of Shijiazhuan. The result revealed that the weekly consumption of rice was more than that of wheat. In this context, the urban residents come from the wheat consuming provinces and have tasted rice only in recent years, yet rice has already become the staple food for a majority of urban residents. Therefore, the rice consumption of urban residents in the provinces where wheat is the staple food is expected to increase in the future.
資料種別 :学術雑誌論文
言語 :jpn
フォーマット :application/pdf
URI :http://hdl.handle.net/10191/25270
fullTextURL :http://dspace.lib.niigata-u.ac.jp/dspace/bitstream/10191/25270/1/45_1_155-160.pdf
関連 :https://www.jstage.jst.go.jp/article/arfe/45/1/45_1_155/_pdf
権利 :Copyright (C) 2009 地域農林経済学会
本文データは学協会の許諾に基づきJ-Stageから複製したものである
出現コレクション:10 査読済論文 = Postprint

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10191/25270

・学術リポジトリに登録されている研究成果の著作権は,著者,出版社(学協会)などが有します。

・学術雑誌に掲載された論文等は,発行された誌面とはレイアウトの相違や文言の違いなどがあり得ます。

・表示・ダウンロードした研究成果は,著作権法に規定されている私的使用,引用等の範囲内で利用してください。