ホーム    Nuar 総合案内    マイ・リポジトリ        English    ご意見

新潟大学学術リポジトリ Nuar >
210 大学院現代社会文化研究科 = Graduate School of Modern Society and Culture >
10 学術雑誌論文 = Journal Article >
10 査読済論文 = Postprint >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
110007629417.pdf1270KbAdobe PDF
タイトル :新しい製造環境における標準原価管理の実証分析
別言語のタイトル :The Empirical Study of Japanese Standard Cost Management in the New Manufacturing Environment
著者 :李, 健泳
公開者・出版者 :日本管理会計学会
刊行年月 :1998-3
掲載誌名 :管理会計学
巻 :6
号 :2
開始ページ :93
終了ページ :113
ISSN :0918-7863
抄録 :今日の標準原価による原価管理は,FA・CIMおよび製品の多様化・短寿命化などの製造環境の変化に伴って,その役割が低下していると指摘されている.その指摘は次のように仮説としてまとめられる.仮説1:自動化が進むにつれて,標準原価による能率管理の役割は低下している.仮説2:多品種少量生産により,原価標準の能率設定は困難である.仮説3:製品ライフ・サイクルの短縮化により,原価標準の能率設定は困難である.しかし,一方では,行き過ぎた自動化に対する反省とともに,現場の従業員のモチベーションを重視する人間本位の生産環境への移行も多ぐ見られている.さらに,日本企業における今日の標準原価管理は,従来の標準原価管理とは違い,標準原価管理が原価維持と原価改善に分けられ使われている.したがって,今日の標準原価管理は原価改善の側面を考慮して分析される必要がある.本研究では,タイトネス管理を中心に,企業実務で使われている標準の水準とその用語の関係を検証し,企業実務での標準のとらえ方を確認するとともに,製造環境の変化による標準原価の役割の低下論を検証している.検証の結果,製造環境変化による標準原価の役割低下論において,自動化による標準原価の役割低下論はある程度認められたが,その他の役割低下論は支持されなかった.一方,標準原価と予算原価の関係では,材料消費量および操業度においては,有意な差は得られなかったが,作業時間に関しては有意な差が得られた.
It is acknowledged that the role of today's standard costing has been declining due to the change in the manufacturing environment. This viewpoint can be summarized as the following hypotheses. Hypothesis 1: As automation progresses, the role of efficiency control by standard costs deteriorates. Hypothesis 2: Due to product-variety and low-volume production, the setting of cost standards becomes more difficult. Hypothesis 3: Due to the shortening of product life cycles, the setting of cost standards becomes more difficult. However, in contrast, reflecting excessive automation, a shift to human-centered production to increase the motivation of workers has also been observed. Furthermore, today's Japanese standard cost management is used due to dividing it into Cost Maintaining and Kaizen Costing. In this research, these hypotheses were tested. As a result, the assertion that the role of standard costs due to automation progress deteriorated, was accepted partially, but the other roles weren't accepted. On the other hand, as for the relationship between standard costs and budgeted costs, meaningful differences were obtained partially.
キーワード :実証分析
製造環境変化
自動化の逆機能
原価維持
原価改善
原価目標値
標準原価
予算原価
資料種別 :学術雑誌論文
言語 :jpn
フォーマット :application/pdf
URI :http://hdl.handle.net/10191/25695
fullTextURL :http://dspace.lib.niigata-u.ac.jp/dspace/bitstream/10191/25695/1/110007629417.pdf
関連 :http://ci.nii.ac.jp/naid/110007629417
権利 :日本管理会計学会
本文データは学協会の許諾に基づきCiNiiから複製したものである
出現コレクション:10 査読済論文 = Postprint

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10191/25695

・学術リポジトリに登録されている研究成果の著作権は,著者,出版社(学協会)などが有します。

・学術雑誌に掲載された論文等は,発行された誌面とはレイアウトの相違や文言の違いなどがあり得ます。

・表示・ダウンロードした研究成果は,著作権法に規定されている私的使用,引用等の範囲内で利用してください。