ホーム    Nuar 総合案内    マイ・リポジトリ        English    ご意見

新潟大学学術リポジトリ Nuar >
210 大学院現代社会文化研究科 = Graduate School of Modern Society and Culture >
10 学術雑誌論文 = Journal Article >
10 査読済論文 = Postprint >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
110007629388.pdf1163KbAdobe PDF
タイトル :韓国企業の部門別活動基準原価計算の導入事例 : 亜南産業(株)
別言語のタイトル :The Departmental Activity-Based Costing System of a Korean Company : The Case of Anam Industrial Co., Ltd.
著者 :金, 舜基
李, 健泳
金, 達坤
公開者・出版者 :日本管理会計学会
刊行年月 :1998-3
掲載誌名 :管理会計学
巻 :4
号 :1
開始ページ :59
終了ページ :76
ISSN :0918-7863
抄録 :半導体組立専門業者である亜南産業(株)は,アメリカ現地法人,AMKORからの勧誘により1990年9月にABC導入を決め,1992年から全社でABCを実施するようになった.半導体産業には独特な取引構造があり,そのため,同社の総製造原価で占める製造間接費の割合は非常に高く,同社の製造間接費の配賦基準は製品原価の算定に大きな影響を与えている.このような背景から,顧客との製品価格の交渉で他社との価格差による製品原価の妥当性が問題になり,営業側からの配賦基準の見直しの要請がABC導入の契機になった.同社は,ABC導入において予想される縦割部門組織での抵抗とシステム分析にかかる費用/便益を考慮し,同社の部門を中心とした部門別活動基準原価計算を行なっている.同社のABCは,まず各部門の目標原価としての予算額を,部門の活動分析によって把握された部門内の各活動に割り当て,その活動原価をコスト・ドライバーにより製品に跡付けるものである.既存研究では同社のこのようなアプローチが平均的な負荷量による任意配賦にもとづくために問題があると批判されているが,他方では部門別活動分析の有効性に対する支持も現われている.同社は,ABC導入により,製品原価の歪曲を是正した.その結果,顧客との製品価格交渉がABCからの情報に基づいて行なわれ,仕様の差による異なる製品価格の裏付けが容易になった.同社の部門別活動基準原価計算は,既存の部門組織での抵抗を円満に解決しながら,活動分析に基づく組織再編成にも有効であることが実証された.
Anam Industrial Co., Ltd., a world leader in packaging and testing semiconductor products, adopted Activity-Based Costing (ABC) in 1992. This was the culmination of nearly two years of experimentation. ABC was recommended initially by AmKor Electronics, Inc., a subsidiary of Anam in the U.S.A. Semiconductor products assemblers have their uniqueness in that manufacturing overhead costs consume a significantly higher percentage among total manufacturing costs. Therefore the manufacturing overhead allocation procedure can greatly influence the determination of the production cost of an individual product. In this regard, Anam has decided to adopt ABC to obtain more accurate production cost information, which is essential to successfully negotiate with the customers the price of the particular product. This company implements the departmental activity-based costing system (ABCS), which is a simplified version of ABCS. Under this system, the entire budgeted amount of a particular department is first allocated to the related activities of that department. Then the allocated activities cost in turn is assigned to related products based on the cost driver. This simplified cost assignment procedure was criticized in some previous studies in that it resulted in some arbitrariness in the allocation process. However at the same time, their effectiveness was highly evaluated in some other studies. Through the use of ABCS, Anam corrected the distorted product cost information which had obtained from the existing costing system. The more accurate cost information obtained from ABCS was effectively used by Anam in price negotiations with its customers. Also ABCS made it easier to figure out how cost would vary with changes in the product design. Additionally, its departmental ABCS turned out to be very effective in restructuring Anam's organization, mitigating the consequent organizational resistance.
キーワード :ケーススタディ
半導体産業
製品原価の歪曲
部門別活動基準原価計算
活動報告書
ABCによる価格決定
組織再編成
資料種別 :学術雑誌論文
言語 :jpn
フォーマット :application/pdf
URI :http://hdl.handle.net/10191/25696
fullTextURL :http://dspace.lib.niigata-u.ac.jp/dspace/bitstream/10191/25696/1/110007629388.pdf
関連 :http://ci.nii.ac.jp/naid/110007629388
権利 :日本管理会計学会
本文データは学協会の許諾に基づきCiNiiから複製したものである
出現コレクション:10 査読済論文 = Postprint

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10191/25696

・学術リポジトリに登録されている研究成果の著作権は,著者,出版社(学協会)などが有します。

・学術雑誌に掲載された論文等は,発行された誌面とはレイアウトの相違や文言の違いなどがあり得ます。

・表示・ダウンロードした研究成果は,著作権法に規定されている私的使用,引用等の範囲内で利用してください。