HOME    Nuar Information    mypage        Japanese    Feedback

新潟大学学術リポジトリ Nuar >
010 人文学部 = Faculty of Humanities >
10 学術雑誌論文 = Journal Article >
10 査読済論文 = Postprint >

 

Files in This Item:

File Description SizeFormat
27_3_117-130.pdf1183KbAdobe PDF
Title :モバイル広告・ケータイサイトに関する口コミ経路の調査 : 「ケータイのディスプレイを見せる行為」の活用
Title alternative :An investigation into the forms of WOM precipitated by advertisements and Web sites on mobile phones
Authors :中村, 隆志
大江, 宏子
Publisher :情報通信学会
Issue Date :Dec-2009
Journal Title :情報通信学会誌
Volume :27
Issue :3
Start Page :117
End Page :130
ISSN :0289-4513
Abstract :本稿では、ケータイの画面(ディスプレイ)を直接見せて話をする対面コミュニケーションに注目する。このコミュニケーションを、人々の間の「口コミ」の方法の一つと捉えて、口コミ経路に関する調査を行った。その結果、モバイル広告・ケータイサイトを周囲の人に紹介する際にケータイの画面を直接見せて行うユーザは、他の口コミ経路を用いるユーザに比べて、より多くのメディア・情報源を経由してケータイサイトにアクセスしていた。また、彼(女)らは、他の口コミ経路を用いるユーザに比べて、モバイル性の高いケータイサイト、周囲の人と共に楽しむようなケータイサイトにより高い頻度でアクセスしており、より多くの周囲の人にそれらのサイトを知らせようとしていた。これらの結果より、ケータイのディスプレイを直接見せて話をするユーザをサポートするようなモバイル広告作り、ケータイサイト作りが効果的であることを示す。 また、ケータイのディスプレイを直接見せる行為は、モバイル広告やケータイサイトを日常的に見ないユーザにリーチするチャンスでもあるため、モバイル広告・ケータイサイトそのものを活性化することにも繋がることを指摘する。
In this paper, we focus on face-to-face communication where one user of a "Keitai" (Mobile Phone) shows its display directly to another person. We interpreted this communication as a form of Word of Mouth (WOM) and investigated the routes of WOM. The results revealed that the Keitai users who introduced the advertisements and/or Web sites on their Keitai while showing the display would gather information from more kinds of media and/or sources of information to access Web sites than those who communicated through other forms of WOM. They would frequently access the Web on their Keitais, which is highly functional in the mobile environment, and enables users to enjoy the people around them more than those who communicated through other forms of WOM. Furthermore, they would send information about the site to more people than those who communicate via other routes do. These results suggest that it should be effective to design mobile advertisements and/or Web sites for Keitais, supporting Keitai users who communicate with people around them by showing the Keitai's display. One future suggestion is that, the WOM communication form of showing the Keitai's display to others could be an opportunity for advertisers to reach Keitai users who could not access any advertisements and/or Web sites on their Keitai in daily life. It is therefore possible that the users who communicate with each other while showing the Keitai's display should activate mobile advertisements and/or Web sites.
Type Local :学術雑誌論文
Language :jpn
Format :application/pdf
URI :http://hdl.handle.net/10191/25946
fullTextURL :http://dspace.lib.niigata-u.ac.jp/dspace/bitstream/10191/25946/1/27_3_117-130.pdf
Rights :情報通信学会
Appears in Collections:10 査読済論文 = Postprint

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10191/25946