ホーム    Nuar 総合案内    マイ・リポジトリ        English    ご意見

新潟大学学術リポジトリ Nuar >
610 産学地域連携推進センター = Center For Promotion of R & D Collaboration and Regional >
10 学術雑誌論文 = Journal Article >
10 査読済論文 = Postprint >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
21_2_70-75.pdf1075KbAdobe PDF
タイトル :NPPV用鼻マスク装着時に作用する応力の計算力学的検討
別言語のタイトル :Computational dynamics of stress to act on at the time for NPPV Nasal Mask
著者 :二宮, 敬一
吉田, 祐介
半田, 俊弘
尾田, 雅文
原, 利昭
公開者・出版者 :ライフサポート学会
刊行年月 :2009-6
掲載誌名 :ライフサポート
巻 :21
号 :2
開始ページ :70
終了ページ :75
ISSN :1341-9455
抄録 :In late years, the patient load of chronic respiratory failure disease, such as a Obstructive Pulmonary Disease (COPD) or Sleep Apnea Syndrome (SAS) increaseschronic obstructive pulmonary disease (COPD) and sleep apnea syndrome (SAS), is increasing. For the patient, in whom such condition is comparatively serious, non-invasive positive pressure ventilation (NPPV) may be prescribed. Since this disposal method uses a nasal mask, a patient is treated non-invasively. Although, It is reported that skin obstacles arise, such as a pressure necrosis and compression gangrene, by the reason the mask pressed the face. Consequentially, it was created that the finite element model of the face portion based on a human body slice picture, and the stress which acts on the contact area of a nasal mask was calculated. And, It turned out that a nasal mask suitable for the form of an individual face is required, in order to reduce a skin obstacle.
キーワード :Medical and Welfare Assistance
Muscle and Skelton
Biomechanics
Medical Equipment
Medical Engineering
Finite Element Method
資料種別 :学術雑誌論文
言語 :jpn
フォーマット :application/pdf
URI :http://hdl.handle.net/10191/26846
fullTextURL :http://dspace.lib.niigata-u.ac.jp/dspace/bitstream/10191/26846/1/21_2_70-75.pdf
関連 :https://www.jstage.jst.go.jp/article/lifesupport/21/2/21_2_70/_pdf
権利 :Copyright (C) 2009 一般社団法人ライフサポート学会
本文データは学協会の許諾に基づきJ-Stageから複製したものである
出現コレクション:10 査読済論文 = Postprint

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10191/26846

・学術リポジトリに登録されている研究成果の著作権は,著者,出版社(学協会)などが有します。

・学術雑誌に掲載された論文等は,発行された誌面とはレイアウトの相違や文言の違いなどがあり得ます。

・表示・ダウンロードした研究成果は,著作権法に規定されている私的使用,引用等の範囲内で利用してください。