ホーム    Nuar 総合案内    マイ・リポジトリ        English    ご意見

新潟大学学術リポジトリ Nuar >
610 産学地域連携推進センター = Center For Promotion of R & D Collaboration and Regional >
10 学術雑誌論文 = Journal Article >
10 査読済論文 = Postprint >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
11_3_80-85.pdf999KbAdobe PDF
タイトル :Direct Linear Transformation法を利用した車椅子移動時の非接触視点位置検出法の検討
別言語のタイトル :Direct Linear Transfomation Technique for Non-Contact Eye-Gazing Point Detection
著者 :尾田, 雅文
真田, 希
関口, 行雄
原, 利昭
公開者・出版者 :ライフサポート学会
刊行年月 :1999-9
掲載誌名 :ライフサポート
巻 :11
号 :3
開始ページ :80
終了ページ :85
ISSN :1341-9455
抄録 :The purpose of this study is to detect eye-gazing points during driving a wheelchair through the image sequence analysis of video frames. The performances can be measured without restrictions of specific devices such as any accessories and sensors, which were put on a body. Images obtained with three video cameras allow the algorithm to extract four feature points on a face and irises. Their three-dimensional positions were estimated through direct linear transformation (DLT) technique with magnification of a facial image through wavelet analysis. The direction of a face was estimated via three-dimensional positions of the former, and it defined the facial coordinate. On the other hand, the eye-gazing point was e valuated through three-dimensional positions of the latter. Consequently, Some preliminary results were presented to illustrate the difference in variations with the eye-gazing point between driving a wheelchair and walking.
キーワード :Image Processing
Human Ergonomics
Human Interface
Line-of-Sight
Physically Handicapped people
Direction of Face
資料種別 :学術雑誌論文
言語 :jpn
フォーマット :application/pdf
URI :http://hdl.handle.net/10191/26849
fullTextURL :http://dspace.lib.niigata-u.ac.jp/dspace/bitstream/10191/26849/1/11_3_80-85.pdf
関連 :https://www.jstage.jst.go.jp/article/lifesupport1996/11/3/11_3_80/_pdf
権利 :Copyright (C) 1999 一般社団法人ライフサポート学会
本文データは学協会の許諾に基づきJ-Stageから複製したものである
出現コレクション:10 査読済論文 = Postprint

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10191/26849

・学術リポジトリに登録されている研究成果の著作権は,著者,出版社(学協会)などが有します。

・学術雑誌に掲載された論文等は,発行された誌面とはレイアウトの相違や文言の違いなどがあり得ます。

・表示・ダウンロードした研究成果は,著作権法に規定されている私的使用,引用等の範囲内で利用してください。