HOME    Nuar Information    mypage        Japanese    Feedback

新潟大学学術リポジトリ Nuar >
250 大学院医歯学総合研究科(医) = Graduate School of Medical and Dental Sciences (Medical) >
20 紀要 = Departmental Bulletin Paper >
02 新潟医学会雑誌 = Niigata medical journal >

 

Files in This Item:

File Description SizeFormat
123(6)_277-280.pdf562KbAdobe PDF
Title :3 個別栄養教育の課題 : 食後血糖上昇に及ぼす食事要因の検討結果から(食と健康をめぐる諸問題,第635回新潟医学会)
Title alternative :Problems of the Individualized Nutritional Education on Postprandial Glycemic Control (Topics on Diet and Health)
Authors :斎藤, トシ子
山本, 通子
小林, 奈穂
岩森, 大
河内, 梢
渡邉, 真代
川上, 真弓
加瀬, エリカ
金子, 美雪
Publisher :新潟医学会
Issue Date :Jun-2009
Journal Title :新潟医学会雑誌
Volume :123
Issue :6
Start Page :277
End Page :280
ISSN :0029-0440
Abstract :食後血糖上昇と食事要因 (主食の種類, 副食の影響, 食事の順番, 食事の時間) の関係をもとに, 管理栄養士の立場から糖尿病者及びその予備群への個別栄養教育の課題を検討した. 課題としては, 1) 主食として, 米飯を推奨する場合, 米飯の単独摂取は食パン単独摂取よりも食後血糖値は高くなることを認識した上で指導することの重要性, 2) メニュ-を変えた場合の副食の影響, 主食を食べるタイミングについて検討した上で指導することの重要性, 3) 食事時間の違いあるいは前食に何を摂取するかにより血糖上昇パターンは異なることを考慮した上で指導することの重要性が考えられた. 以上の課題と, 食後の血糖上昇は, 個人内あるいは個人間に大きなバラツキが見られたことから, 個別栄養教育を行う場合は, 食後血糖値測定を取り入れ, 対象者の血糖上昇パターンを把握することが有用と思われた.
Keywords :個別栄養教育
食後血糖
グライセミックインデックス
食事
Type Local :紀要論文
Language :jpn
Format :application/pdf
URI :http://hdl.handle.net/10191/28401
fullTextURL :http://dspace.lib.niigata-u.ac.jp/dspace/bitstream/10191/28401/1/123(6)_277-280.pdf
Appears in Collections:02 新潟医学会雑誌 = Niigata medical journal

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10191/28401