HOME    Nuar Information    mypage        Japanese    Feedback

新潟大学学術リポジトリ Nuar >
250 大学院医歯学総合研究科(医) = Graduate School of Medical and Dental Sciences (Medical) >
20 紀要 = Departmental Bulletin Paper >
02 新潟医学会雑誌 = Niigata medical journal >

 

Files in This Item:

File Description SizeFormat
124(6)_307-317.pdf1724KbAdobe PDF
Title :Pentraxin 3の潰瘍性大腸炎での発現と好中球における動態に関する研究
Title alternative :The Expression of the Pentraxin 3 in Ulcerative Colitis and the Behavior of the Pentraxin 3 in Neutrophils
Authors :井上, 聡
Publisher :新潟医学会
Issue Date :Jun-2010
Journal Title :新潟医学会雑誌
Volume :124
Issue :6
Start Page :307
End Page :317
ISSN :0029-0440
Abstract :Pentraxin3 (以下PTX3) は共通するC末端 domain (pentraxin domain) を有する superfamilyの一員である. 炎症や免疫において重要な役割を担い, IL-1βなどの炎症性シグナルに反応して, 炎症局所においてマクロファージや好中球, 血管内皮細胞など種々の細胞から産生されることが知られており, 炎症を鋭敏に反映する. 本研究では抗ヒト PTX3抗体を用いて, 潰瘍性大腸炎 (ulcerative colitis, 以下UC) の組織を免疫組織学的に検討してUCにおけるPTX3発現細胞を同定し, 組織学的な炎症の重症度とPTX3の関係について検討するとともに, 更に好中球におけるPTX3の動態について観察した. UCの大腸生検検体7症例 (30検体) と, 正常対照3症例 (5検体) を検討した. UCの炎症の重症度は組織学的に3段階に分類し, 抗PTX3抗体やCD15, CD68, CD163, MSR-A, CD3の各抗体を用いて免疫染色した. その結果UCにおいては炎症の組織学的な重症度が高いほど好中球を主とするPTX3陽性細胞が増加し, PTX3の発現は炎症の程度を反映することが示された. また, in vitro の実験系で蛍光染色や電子顕微鏡を用いて観察すると, PTX3は好中球の特殊顆粒内に局在し, 炎症刺激によって好中球から放出され, 炎症刺激によって形成された neutrophil extracellular traps (NETs) に結合することが確認された. NETsはUCの陰窩膿瘍にも観察され, PTX3の動態は好中球の運命と密接に関与することが明らかになった.
Keywords :Pentraxin 3
潰瘍性大腸炎
好中球
Neutrophil extracellular traps (NETs)
Type Local :紀要論文
Language :jpn
Format :application/pdf
URI :http://hdl.handle.net/10191/28756
fullTextURL :http://dspace.lib.niigata-u.ac.jp/dspace/bitstream/10191/28756/1/124(6)_307-317.pdf
Appears in Collections:02 新潟医学会雑誌 = Niigata medical journal

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10191/28756