ホーム    Nuar 総合案内    マイ・リポジトリ        English    ご意見

新潟大学学術リポジトリ Nuar >
060 工学部 = Faculty of Engineering >
10 学術雑誌論文 = Journal Article >
10 査読済論文 = Postprint >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
9_3406032.pdf869KbAdobe PDF
タイトル :Experimental Study on G-Band Oversized Backward Wave Oscillator Driven by Weakly Relativistic Electron Beam
著者 :Magori, Shota
Ogura, Kazuo
Iwasaki, Takayuki
Kojima, Junpei
Yambe, Kiyoyuki
Kubo, Shin
Shimozuma, Takashi
Kobayashi, Sakuji
Okada, Kohji
公開者・出版者 :Japan Society of Plasma Science and Nuclear Fusion Research
刊行年月 :2014-4
掲載誌名 :Plasma and Fusion Research
巻 :9
開始ページ :3406032-1
終了ページ :3406032-4
ISSN :1880-6821
抄録 :We studied a G-band oversized backward wave oscillator (BWO) driven by a weakly relativistic electron beam of less than 100 kV. Rectangular corrugations are used as slow-wave structures having surface waves with upper cutoff frequencies above 150 GHz (G-band). We examine how dispersion characteristics of surface waves are affected by accuracy in machining the corrugation amplitude, width, and period length. Of these, accuracy in the amplitude has the largest effect. Uniformly distributed annular electron beams are generated by a disk-type cold cathode and injected into the G-band BWO. G-band BWO operations in 137 - 173 GHz and above 173 GHz are achieved by changing the corrugation amplitude. The radiation patterns are fairly broad, and the estimated radiation power is at kW level.
キーワード :oversized backward wave oscillator
weakly relativistic electron beam
cold cathode
slow-wave structure
rectangular corrugation
G-band
資料種別 :学術雑誌論文
言語 :eng
フォーマット :application/pdf
URI :http://hdl.handle.net/10191/30712
fullTextURL :http://dspace.lib.niigata-u.ac.jp/dspace/bitstream/10191/30712/1/9_3406032.pdf
DOI :info:doi/10.1585/pfr.9.3406032
関連 :https://www.jstage.jst.go.jp/
権利 :Copyright(C)2014 一般社団法人プラズマ・核融合学会
本文データは学協会の許諾に基づきJ-Stageから複製したものである
出現コレクション:10 査読済論文 = Postprint

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10191/30712

・学術リポジトリに登録されている研究成果の著作権は,著者,出版社(学協会)などが有します。

・学術雑誌に掲載された論文等は,発行された誌面とはレイアウトの相違や文言の違いなどがあり得ます。

・表示・ダウンロードした研究成果は,著作権法に規定されている私的使用,引用等の範囲内で利用してください。