ホーム    Nuar 総合案内    マイ・リポジトリ        English    ご意見

新潟大学学術リポジトリ Nuar >
060 工学部 = Faculty of Engineering >
10 学術雑誌論文 = Journal Article >
10 査読済論文 = Postprint >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
63_6_283-291.pdf4685KbAdobe PDF
タイトル :T-for-H交換反応における各種ピリジン誘導体の速度論的反応解析と未知のニコチン酸誘導体の反応性推定への応用
別言語のタイトル :Kinetic Reaction Analysis of the Pyridine Derivatives in the T-for-H Exchage Reaction and the Application to the Estimation of the Reactivity of Unknown Nicotinic Acid Derivatives
著者 :青塚, 潤
王, 瑩
佐藤, 貴之
片岡, 憲昭
今泉, 洋
狩野, 直樹
公開者・出版者 :日本アイソトープ協会
刊行年月 :2014-6
掲載誌名 :Radioisotopes
巻 :63
号 :6
開始ページ :283
終了ページ :291
ISSN :0033-8303
抄録 :トリチウム(3H又はT)が環境中に及ぼす影響と水素を含む化合物との反応性を定量的に評価するために,6-Chloronicotinic Acid又は5,6-Dichloronicotinic AcidとHTO蒸気との間の水素同位体交換反応(T-for-H交換反応)を,50~70℃の温度範囲で固―気系で観測した。得られたデータにA"-McKayプロット法を適用することで,この反応における各官能基の速度定数(k)を求めた。これらのkを相互比較した結果,以下のことが明らかになった。(1) ピリジン誘導体においてCOOH基の反応性はCl基の数や位置の違いに依存しており,次のようになった;(m-位及びp-位のCl基):(p-位のCl基):(Cl基なし)=1.9:1.5:1.0。(2) 未知のニコチン酸誘導体の反応性は,本研究で得られたHammettプロットを使って推定することができる。(3) A"-McKayプロット法を使うことで,官能基を持つ物質においてTの挙動をマスク剤なしで非破壊的,定量的に解析することができる。(4) 本研究で用いられた手法は,物質における官能基の反応性を求めるための手法として役立つことが期待される。
In order to quantitatively evaluate the influence of tritium(3H or T) in ecosystem and the reactivity of materials having H atoms, the hydrogen isotope exchange reaction(T-for-H exchange reaction) between 6-Chloronicotinic Acid(or 5,6-Dichloronicotinic Acid) and HTO vapor was observed at 50-70℃ in the gas-solid system. Applying the A"-McKay plot method to the data obtained in the reaction, the rate constants of the functional groups in each material were obtained. Comparing these constants, following four matters have been found in the T-for-H exchange reaction. (1)With regard to pyridine derivative, the reactivity of carboxyl groups depends on the number and position of chloro groups;(meta-position and para-position of chloro groups):(para-position of chloro groups and meta-position of hydrogen):(meta-position and para-position of hydrogen)=1.9:1.5:1.0. (2)The reactivity of the unknown nicotinate derivatives can be obtained by applying the Hammett plot obtained in this work. (3)Using the A"-McKay plot method, the reactivity of each functional group can be obtained nondestructively, quantitatively, and be analyzed without using any masking reagent. (4)The method used in this work may be useful to determine the reactivity of the functional groups in similar materials.
キーワード :T-for-H exchage reaction
A"-McKay plot method
rate constant
gas-solid reaction
Hammett rule
6-Chloronicotinic acid
5,6-dichloronicotinic acid
資料種別 :学術雑誌論文
言語 :jpn
フォーマット :application/pdf
URI :http://hdl.handle.net/10191/30807
fullTextURL :http://dspace.lib.niigata-u.ac.jp/dspace/bitstream/10191/30807/1/63_6_283-291.pdf
DOI :info:doi/10.3769/radioisotopes.63.283
関連 :https://www.jstage.jst.go.jp/
権利 :Copyright(C)2014 公益社団法人 日本アイソトープ協会
本文データは学協会の許諾に基づきJ-Stageから複製したものである
出現コレクション:10 査読済論文 = Postprint

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10191/30807

・学術リポジトリに登録されている研究成果の著作権は,著者,出版社(学協会)などが有します。

・学術雑誌に掲載された論文等は,発行された誌面とはレイアウトの相違や文言の違いなどがあり得ます。

・表示・ダウンロードした研究成果は,著作権法に規定されている私的使用,引用等の範囲内で利用してください。