ホーム    Nuar 総合案内    マイ・リポジトリ        English    ご意見

新潟大学学術リポジトリ Nuar >
050 理学部 = Faculty of Science >
20 紀要 = Departmental Bulletin Paper >
02 Science reports of Niigata University. (Geology) >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
30_57-88.pdf7617KbAdobe PDF
タイトル :Systematics and palaeobiogeograpy of Permian brachiopods from Pliocene conglomerate of Hitachi, central Japan
著者 :Tazawa, Jun-ichi
公開者・出版者 :新潟大学理学部
刊行年月 :2015-3
掲載誌名 :Science reports of Niigata University. (Geology)
巻 :30
開始ページ :57
終了ページ :88
ISSN :1349-1237
抄録 :This paper describes a Permian brachiopod fauna (Ishinazaka fauna) from shale and argillaceous limestone boulders in the basal conglomerate of the Pliocene Kume Formation of Hitachi, central Japan, and reexamines the age and palaeobiogeography of the fauna. The results, which are the same as our previous opinions, are as follows: 1) the Ishinazaka fauna, consisting of 17 species in 16 genera, resembles the middle Permian brachiopod fauna of the South Kitakami Belt in species composition, and indicates a middle Permian (Wordian) in age; 2) the Ishinazaka fauna is a mixed Boreal‒Tethyan fauna in the Sino-Mongolian‒Japanese Province; and 3) the Hitachi area was probably part of the continental shelf bordering the eastern margin of North China during the Wordian.
キーワード :Ayukawa Formation
brachiopod
Hitachi Palaeozoic rocks
Ishinazaka fauna
Permian
資料種別 :紀要論文
言語 :eng
フォーマット :application/pdf
URI :http://hdl.handle.net/10191/32235
fullTextURL :http://dspace.lib.niigata-u.ac.jp/dspace/bitstream/10191/32235/1/30_57-88.pdf
出現コレクション:02 Science reports of Niigata University. (Geology)

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10191/32235

・学術リポジトリに登録されている研究成果の著作権は,著者,出版社(学協会)などが有します。

・学術雑誌に掲載された論文等は,発行された誌面とはレイアウトの相違や文言の違いなどがあり得ます。

・表示・ダウンロードした研究成果は,著作権法に規定されている私的使用,引用等の範囲内で利用してください。