HOME    Nuar Information    mypage        Japanese    Feedback

新潟大学学術リポジトリ Nuar >
250 大学院医歯学総合研究科(医) = Graduate School of Medical and Dental Sciences (Medical) >
20 紀要 = Departmental Bulletin Paper >
02 新潟医学会雑誌 = Niigata medical journal >

 

Files in This Item:

File Description SizeFormat
126(11)_593-600.pdf1082KbAdobe PDF
Title :mTORC1シグナル制御による髄芽腫細胞の増殖抑制
Title alternative :Inhibition of mTORC1 Signaling Suppresses Medulloblastoma Cell Growth
Authors :垣矢, 直雅
Publisher :新潟医学会
Issue Date :Nov-2012
Journal Title :新潟医学会雑誌
Volume :126
Issue :11
Start Page :593
End Page :600
ISSN :0029-0440
Abstract :免疫抑制剤であるラパマイシンはmammalian target of rapamycin complex 1 (mTORC1)の選択的な阻害剤であり, 抗腫瘍効果が報告されている. 髄芽腫細胞株であるDAOY細胞の細胞増殖におけるmTORC1シグナルの役割を検討した. mTORC1はロイシンによっても活性調節されているので, 細胞内取り込みを行うシステムLアミノ酸トランスポーターの阻害剤である2-aminobicyclo-(2, 2, 1)-heptane-2-carboxylic acid (BCH)及び不活性型ロイシンアナログのAc-Leu-NH_2を用いて, mTORC1シグナルの抑制を試みた. BCH, Ac-Leu-NH_2ともにDAOY細胞において濃度依存的にmTORC1シグナルを低下させ, 細胞数の減少をもたらした. eIF4E-binding protein (4EBP)のリン酸化サイトをアラニンに置換したmutant 4EBPを強制発現してmTORC1下流の翻訳抑制を行うことによってもDAOY細胞の細胞数の減少が認められた. 本実験では, 顕著な細胞死やオートファジーのない条件下で, DAOY細胞の細胞数の低下が見られたことから, mTORC1シグナルの阻害が翻訳を抑制して細胞増殖を低下させたことが強く示唆された.
Keywords :mTORC1
p70S6K
4EBP
LAP1
ロイシン
Type Local :紀要論文
Language :jpn
Format :application/pdf
URI :http://hdl.handle.net/10191/35437
fullTextURL :http://dspace.lib.niigata-u.ac.jp/dspace/bitstream/10191/35437/1/126(11)_593-600.pdf
Appears in Collections:02 新潟医学会雑誌 = Niigata medical journal

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10191/35437