HOME    Nuar Information    mypage        Japanese    Feedback

新潟大学学術リポジトリ Nuar >
250 大学院医歯学総合研究科(医) = Graduate School of Medical and Dental Sciences (Medical) >
20 紀要 = Departmental Bulletin Paper >
02 新潟医学会雑誌 = Niigata medical journal >

 

Files in This Item:

File Description SizeFormat
127(8)_439-442.pdf860KbAdobe PDF
Title :単孔式腹腔鏡補助下根治術を施行した若年女性のS状結腸軸捻転症の1例
Title alternative :A Case Report of Single-port Laparoscopy Assisted Operation for a Young Female with Volvulus of the Sigmoid colon
Authors :岡村, 拓磨
蛭川, 浩史
武居, 祐紀
佐藤, 洋樹
多田, 哲也
Publisher :新潟医学会
Issue Date :Aug-2013
Journal Title :新潟医学会雑誌
Volume :127
Issue :8
Start Page :439
End Page :442
ISSN :0029-0440
Abstract :症例は17歳, 女性. 便秘, 腹部膨満を主訴に近医を受診し, 下剤を処方されたが症状が増悪したため, 当院救急外来を受診した. 腹部CT所見よりS状結腸軸捻転症と診断され, 大腸内視鏡検査により捻転を整復された. その後, S状結腸過腸症として下剤を投与されていたが, 9か月間で計3回S状結腸軸捻転症のため内視鏡下整復が必要になり, 手術目的に当科を紹介された. 全身麻酔下に単孔式腹腔鏡補助下根治術を施行. 術中所見では, 長く弛緩したS状結腸を認め, 内側アプローチで授動し, 体外操作で血管処理および吻合を施行した. 術後経過良好で, 9病日に退院. 術後1年4か月で再発なし. 本症に対する単孔式腹腔鏡補助下手術は安全に施行可能で, 整容性に優れ治療選択肢の一つになりうると考えられた.
Keywords :S状結腸過長症
S状結腸軸捻転
腹腔鏡下手術
単孔式手術
Type Local :紀要論文
Language :jpn
Format :application/pdf
URI :http://hdl.handle.net/10191/36095
fullTextURL :http://dspace.lib.niigata-u.ac.jp/dspace/bitstream/10191/36095/1/127(8)_439-442.pdf
Appears in Collections:02 新潟医学会雑誌 = Niigata medical journal

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10191/36095