ホーム    Nuar 総合案内    マイ・リポジトリ        English    ご意見

新潟大学学術リポジトリ Nuar >
090 医学部保健学科 = School of Health Sciences, Faculty of Medicine  >
20 紀要 = Departmental Bulletin Paper >
01 新潟大学保健学雑誌 = Journal of health sciences of Niigata University >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
12(1)_39-45.pdf329KbAdobe PDF
タイトル :看護学実習において患者との間に生じた沈黙に対する看護学生の心理と行動
別言語のタイトル :Responses of nursing students during moments of silence in conversations with patients
著者 :吉村, 美津紀
山田, 愛
関, 奈緒
公開者・出版者 :新潟大学医学部保健学科
刊行年月 :2015-9
掲載誌名 :新潟大学保健学雑誌
巻 :12
号 :1
開始ページ :39
終了ページ :45
ISSN :2188-4617
抄録 :看護学生における沈黙に対する意識及び患者との会話に沈黙が生じた際の心理と行動を明らかにすることを目的に,A大学の看護学生を対象に無記名自記式質問紙調査を実施した。沈黙により60%以上の学生が焦りと困惑を感じ,「話題を変える」という行動をとっていた。沈黙に苦手意識を持つ学生ほど,沈黙は悪いという認識を持ち,沈黙が生じた際に焦り,沈黙の意味を捉えられず,患者の様子観察ができないなど,適切な対応が取れていなかった。沈黙に苦手意識を持たない学生は「沈黙の役割」の認知度が高く,沈黙を意図的に生じさせる経験も多かった。沈黙への対応に対する学生の学習ニーズは高く,沈黙に焦点をあてたコミュニケーション技術教育を実習前の看護基礎教育において充実させる必要がある。
We conducted an anonymous self-report questionnaire survey to investigate nursing students’ awareness of moments of silence in conversations with patients and document students’ responses to silence. Over 60% of students reported feeling panic and confusion during the silence. The students who dislike the silence believed that silence led to a bad impression. They would panic, miss the meaning behind the silence, and were unable to pay attention to the patient in the silent situation. Therefore, they could not engage in adequate student-patient communication. The students who did not dislike the silence seemed to have more knowledge of the role of silence and more experience with intentional silence. Nearly all the students reported wanting to learn coping with silence skills; therefore, an effective training program in communication skills focusing the silence is needed for nursing education.
キーワード :沈黙
コミュニケーション
看護学生
患者
Silence
Communication skill
Nursing student
Patient
資料種別 :紀要論文
言語 :jpn
フォーマット :application/pdf
URI :http://hdl.handle.net/10191/38954
fullTextURL :http://dspace.lib.niigata-u.ac.jp/dspace/bitstream/10191/38954/1/12(1)_39-45.pdf
出現コレクション:01 新潟大学保健学雑誌 = Journal of health sciences of Niigata University

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10191/38954

・学術リポジトリに登録されている研究成果の著作権は,著者,出版社(学協会)などが有します。

・学術雑誌に掲載された論文等は,発行された誌面とはレイアウトの相違や文言の違いなどがあり得ます。

・表示・ダウンロードした研究成果は,著作権法に規定されている私的使用,引用等の範囲内で利用してください。