ホーム    Nuar 総合案内    マイ・リポジトリ        English    ご意見

新潟大学学術リポジトリ Nuar >
400 教育・学生支援機構 = Institute of Education and Student Affairs >
10 学術雑誌論文 = Journal Article >
10 査読済論文 = Postprint >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
110009958539.pdf821KbAdobe PDF
タイトル :大学生の学習エビデンスの管理及び活用に関する一検討
別言語のタイトル :A Study on Accumulating and Using Learning Evidence of University Students
著者 :澤邉, 潤
後藤, 康志
公開者・出版者 :日本教育工学会
刊行年月 :2013-12
掲載誌名 :日本教育工学会論文誌
巻 :37
号 :Suppl.
開始ページ :105
終了ページ :108
ISSN :1349-8290
抄録 :本研究では,大学生の学習エビデンスの管理及び活用の実態が検討された.新潟大学の学生を対象とした半構造化インタビューの結果,学生の振り返りは,学習成果物として自身が作成したレポートなどの電子媒体よりも, 授業での配付資料やノートといった紙媒体による学習エビデンスに基づいている傾向が示された.電子媒体の学習エビデンス活用の課題として,【PC 操作スキルの必要性】【ファイル整理の煩雑化】【システム活用の二極化】が抽出された.こうした課題は,学生個人の自発的な取組みだけで改善されるもではなく,大学全体における教授学習のあり方に関する包括的な検討が必要であることが示唆された.最後に,学習エビデンスに基づく学生の省察を促進する教育環境整備の可能性について議論された.
キーワード :大学生
学習エビデンス
高等教育
省察
eポートフォリオ
資料種別 :学術雑誌論文
言語 :jpn
フォーマット :application/pdf
URI :http://hdl.handle.net/10191/41693
fullTextURL :http://dspace.lib.niigata-u.ac.jp/dspace/bitstream/10191/41693/1/110009958539.pdf
関連 :http://ci.nii.ac.jp/naid/110009958539
権利 :Copyright(C)2013 日本教育工学会
本文データは学協会の許諾に基づきCiNiiから複製したものである
出現コレクション:10 査読済論文 = Postprint

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10191/41693

・学術リポジトリに登録されている研究成果の著作権は,著者,出版社(学協会)などが有します。

・学術雑誌に掲載された論文等は,発行された誌面とはレイアウトの相違や文言の違いなどがあり得ます。

・表示・ダウンロードした研究成果は,著作権法に規定されている私的使用,引用等の範囲内で利用してください。