HOME    Nuar Information    mypage        Japanese    Feedback

新潟大学学術リポジトリ Nuar >
250 大学院医歯学総合研究科(医) = Graduate School of Medical and Dental Sciences (Medical) >
20 紀要 = Departmental Bulletin Paper >
02 新潟医学会雑誌 = Niigata medical journal >

 

Files in This Item:

File Description SizeFormat
129(7)_350-354.pdf2490KbAdobe PDF
Title :3 低血糖脳症の臨床 : 病態の理解と創薬に向けて(シンポジウム「糖尿病の合併症, 第699回新潟医学会)
Title alternative :Clinical Aspects of Hypoglycemic Encephalopathy : Toward Understanding the Pathogenesis and Drug Discovery
Authors :下畑, 享良
池田, 哲彦
高橋, 哲哉
金澤, 雅人
西澤, 正豊
Publisher :新潟医学会
Issue Date :Jul-2015
Journal Title :新潟医学会雑誌
Volume :129
Issue :7
Start Page :350
End Page :354
ISSN :0029-0440
Abstract :低血糖症のなかで,グルコース投与によっても神経症状が改善しない重篤なケースは「低血糖脳症」と区別して呼ばれている.我々は,低血糖脳症の治療薬の開発を目的として,治療標的の同定につながる予後を増悪する因子の検討,および治療薬の評価を行う簡便な動物モデルの開発を行った.前者に関して,臨床像の解析では,血糖値,低血糖状態の持続時間,体温血中乳酸値,治療後高血糖が予後に影響を及ぼす可能性を見出した.また頭部MRIの解析では,異常信号病変の出現に,体温が影響する可能性が示唆された.後者に関しては,平坦脳波を短時間にし,人工呼吸器を使用しない,より生理的な低血糖脳症動物モデル(短時間昏睡モデル)を確立した.今後,これらの知見をもとに,低血糖脳症に対する神経保護療法の開発を目指したい.
Keywords :低血糖脳症
予後憎悪因子
頭部MRI
動物モデル
創薬
Type Local :紀要論文
Language :jpn
Format :application/pdf
URI :http://hdl.handle.net/10191/44112
fullTextURL :http://dspace.lib.niigata-u.ac.jp/dspace/bitstream/10191/44112/1/129(7)_350-354.pdf
Appears in Collections:02 新潟医学会雑誌 = Niigata medical journal

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10191/44112