ホーム    Nuar 総合案内    マイ・リポジトリ        English    ご意見

新潟大学学術リポジトリ Nuar >
090 医学部保健学科 = School of Health Sciences, Faculty of Medicine  >
20 紀要 = Departmental Bulletin Paper >
01 新潟大学保健学雑誌 = Journal of health sciences of Niigata University >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
13(1)_19-25.pdf1664KbAdobe PDF
タイトル :新潟大学医学部保健学科看護学専攻科目 「母性健康支援看護論」におけるアクティブラーニングの試み
別言語のタイトル :Introduction of active learning in the course‘ Maternal Nursing and Health Care’ at the Department of Nursing, Faculty of Medicine, Niigata University
著者 :有森, 直子
桐原, 更織
石田, 真由美
関島, 香代子
公開者・出版者 :新潟大学医学部保健学科
刊行年月 :2016-9
掲載誌名 :新潟大学保健学雑誌
巻 :13
号 :1
開始ページ :19
終了ページ :25
ISSN :2188-4617
抄録 : 多くの学生にとって,出産は自らのライフイベトになる可能性があり学生の関心は高い。しかし少子化により,近年の大学生は出産を生活の場で実感する機会が乏しい状況にある。このように出産に対する学生のリアリティのない中で,講義を通して母性看護学の対象とその特徴,関連する概念そして妊産褥婦および新生児とその家族の適応過程と健康支援について理解することは,容易ではない。そのため,講義に続く演習では紙上事例を用いたり,実習では産婦や新生児のケアの実際を見学により理解することが必要となっている。そこで今回,本学看護学専攻2年次科目「母性健康支援看護論」において,産婦の生活をイメージできるような教材として動画や紙上事例を活用した。その内容について学生間で疑問を出し合いグループメンバーで調べ,発表し互いに評価するというアクティブラーニングによる授業を試みたので,その授業概要を報告する。
 Many nursing students are interested in pregnancy, labor, and delivery because it is one of their possible future life events. However, with the severe decline in birthrate in recent decades, very few students have an opportunity to experience an actual delivery. The concepts of maternity nursing are difficult to understand through lectures alone without any practical experience or training. However, students need to understand the subject matter, characteristics, and related concepts in the adaptation process of starting a new family for women, children, and their family members, and the necessary support they require. We thought that it would be effective to promote students’understanding through a case study and classroom discussion, and through having them observe, participate in, and experience actual maternity care training in a hospital after the lectures. We included these themes in our educational program. We also tried to teach nursing students by active learning in the course‘Maternal Nursing and Health Care’. We used a movie and a written case study to help students imagine the experience of a woman in a maternity ward. In the classes, students asked questions about the movie and case study, had discussions with other group members, searched for information, studied related questions by themselves, gave presentations of their learning content, and then received evaluations by other groups. Here we report an overview of our educational program.
キーワード :アクティブラーニング
母性看護学
グループワーク
探索行動
active learning
maternity nursing
group-work
seeking behavior
資料種別 :紀要論文
言語 :jpn
フォーマット :application/pdf
URI :http://hdl.handle.net/10191/44139
fullTextURL :http://dspace.lib.niigata-u.ac.jp/dspace/bitstream/10191/44139/1/13(1)_19-25.pdf
出現コレクション:01 新潟大学保健学雑誌 = Journal of health sciences of Niigata University

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10191/44139

・学術リポジトリに登録されている研究成果の著作権は,著者,出版社(学協会)などが有します。

・学術雑誌に掲載された論文等は,発行された誌面とはレイアウトの相違や文言の違いなどがあり得ます。

・表示・ダウンロードした研究成果は,著作権法に規定されている私的使用,引用等の範囲内で利用してください。