ホーム    Nuar 総合案内    マイ・リポジトリ        English    ご意見

新潟大学学術リポジトリ Nuar >
090 医学部保健学科 = School of Health Sciences, Faculty of Medicine  >
20 紀要 = Departmental Bulletin Paper >
01 新潟大学保健学雑誌 = Journal of health sciences of Niigata University >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
14(1)_1-8.pdf1319KbAdobe PDF
タイトル :神経難病緩和ケアの文献にみる看護の課題
別言語のタイトル :A literature review on palliative care for patients with intractable neurological diseases : Discussion of issues from the perspective of nurses
著者 :近, 文香
坂井, さゆり
公開者・出版者 :新潟大学医学部保健学科
刊行年月 :2017-3
掲載誌名 :新潟大学保健学雑誌
巻 :14
号 :1
開始ページ :1
終了ページ :8
ISSN :2188-4617
抄録 :本研究では,国内外の神経難病緩和ケアについて文献検索を行い,看護の立場から現状と課題を検討 した.その結果,本邦における神経難病緩和ケアの議論は2000年頃から始まっていた.そして,神経難病緩和ケアは難病ケアの基盤であり,早期から提供されQuality of Life(以下QOL)の維持・向上を目指していた.また,優先的アプローチは症状コントロールであった.これらの議論の中で,神経難病特有の苦痛が明らかになりつつあり,苦痛な症状に対する緩和ケアが求められてきたものの,研究報告は少ない現状がある.看護師として質の高い神経難病緩和ケアを行うため,学習・実践・研究を発展させていくことが,今後の課題であると考えられる.
 Hair loss is a common side effect of chemotherapies used in the treatment of breast cancer. Hair loss affects the Quality of life (QOL) of women with breast cancer. In this study, we reviewed the literatures on hair loss that occurs during breast cancer therapy and intended to clarify the current status of nursing support for patient hair. The 27 out of 51 relevant papers returned from the website of Igaku Chuo Zasshi, and MEDLINE, were enrolled into the present study. The literature was categorized into “psychological support,”“physical support,”“psychological support for hair loss”, and “development support.” For “psychological support,” there were reports on the provision of information to patients on the mechanism and period of hair loss and the period of hair regrowth, as well as reports on changes in body image. For “physical support,” there were reports on concrete assistance other than cosmetic cleaning, skin, hair, and on handling of hair loss. For “development support,” there were no citations for a treatment clearly effective in preventing hair loss. These data suggest that the present support for hair loss from  chemotherapy used to treat breast cancer is still aimed at relieving the symptom and has not led to systematic support for patients suffering from this treatment side effect.
キーワード :神経難病
緩和ケア
看護
文献検討
intractable neurological disease
palliative care
nursing
literature review
資料種別 :紀要論文
言語 :jpn
フォーマット :application/pdf
URI :http://hdl.handle.net/10191/47191
fullTextURL :http://dspace.lib.niigata-u.ac.jp/dspace/bitstream/10191/47191/1/14(1)_1-8.pdf
出現コレクション:01 新潟大学保健学雑誌 = Journal of health sciences of Niigata University

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10191/47191

・学術リポジトリに登録されている研究成果の著作権は,著者,出版社(学協会)などが有します。

・学術雑誌に掲載された論文等は,発行された誌面とはレイアウトの相違や文言の違いなどがあり得ます。

・表示・ダウンロードした研究成果は,著作権法に規定されている私的使用,引用等の範囲内で利用してください。