HOME    Nuar Information    mypage        Japanese    Feedback

新潟大学学術リポジトリ Nuar >
090 医学部保健学科 = School of Health Sciences, Faculty of Medicine  >
20 紀要 = Departmental Bulletin Paper >
01 新潟大学保健学雑誌 = Journal of health sciences of Niigata University >

 

Files in This Item:

File Description SizeFormat
14(1)_1-8.pdf1319KbAdobe PDF
Title :神経難病緩和ケアの文献にみる看護の課題
Title alternative :A literature review on palliative care for patients with intractable neurological diseases : Discussion of issues from the perspective of nurses
Authors :近, 文香
坂井, さゆり
Publisher :新潟大学医学部保健学科
Issue Date :Mar-2017
Journal Title :新潟大学保健学雑誌
Volume :14
Issue :1
Start Page :1
End Page :8
ISSN :2188-4617
Abstract :本研究では,国内外の神経難病緩和ケアについて文献検索を行い,看護の立場から現状と課題を検討した.その結果,本邦における神経難病緩和ケアの議論は2000年頃から始まっていた.そして,神経難病緩和ケアは難病ケアの基盤であり,早期から提供されQuality of Life(以下QOL)の維持・向上を目指していた.また,優先的アプローチは症状コントロールであった.これらの議論の中で,神経難病特有の苦痛が明らかになりつつあり,苦痛な症状に対する緩和ケアが求められてきたものの,研究報告は少ない現状がある.看護師として質の高い神経難病緩和ケアを行うため,学習・実践・研究を発展させていくことが,今後の課題であると考えられる.
Keywords :神経難病
緩和ケア
看護
文献検討
intractable neurological disease
palliative care
nursing
literature review
Type Local :紀要論文
Language :jpn
Format :application/pdf
URI :http://hdl.handle.net/10191/47191
fullTextURL :http://dspace.lib.niigata-u.ac.jp/dspace/bitstream/10191/47191/1/14(1)_1-8.pdf
Appears in Collections:01 新潟大学保健学雑誌 = Journal of health sciences of Niigata University

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10191/47191