ホーム    Nuar 総合案内    マイ・リポジトリ        English    ご意見

新潟大学学術リポジトリ Nuar >
090 医学部保健学科 = School of Health Sciences, Faculty of Medicine  >
20 紀要 = Departmental Bulletin Paper >
01 新潟大学保健学雑誌 = Journal of health sciences of Niigata University >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
14(1)_43-50.pdf1334KbAdobe PDF
タイトル :訪問看護実習協力に関する在宅療養者と家族の肯定的認識
別言語のタイトル :In-home patients’ and their families’ positive perceptions of home care nursing practicum
著者 :小笠原, 映子
公開者・出版者 :新潟大学医学部保健学科
刊行年月 :2017-3
掲載誌名 :新潟大学保健学雑誌
巻 :14
号 :1
開始ページ :43
終了ページ :50
ISSN :2188-4617
抄録 :目的:本研究は,訪問看護実習における療養者・家族が認識する肯定的側面を明らかにし検討するこ とを目的とした.方法:実習協力を行っている療養者と家族を対象にした無記名式の質問票調査.結果:94人中71人から回答が得られた(回収率76%).75%の対象者は実習協力にやりがいを感じていた.実習協力の理由は在宅看護に携わる人材育成への貢献,実習協力による精神的健康面への受益,訪問看護師からの依頼,実習を受け入れて良かったことは,実習生の対応に対する満足感,実習生の学びに貢献する喜びであった.実習生に学んでほしいことは,療養者・家族の気持ちに配慮したコミュニケーション,個別性の高いケア,介護負担を含む在宅療養の実際,基本的マナーなどであった.考察:療養者と家族側の肯定的認識を高める視点に着目することは重要であり,療養者・家族のQOL向上や円滑な実習運営につながると考える.
AIM: This study clarified the positive perceptions of in-home patients and their families who agreed to nursing student practicum. METHODS: In-home patients and their families who agreed to nursing student practicum completed a questionnaire. RESULTS: There were 71 valid responses (76%). Of those responses, 75% felt satisfied with the acceptance of nursing practicum. Reasons to accept nursing practicum were “contribution to human resources development for in-home care,”“ mental health benefits from the acceptance of nursing practica,” and “relationship with the visiting nurse.” Benefits from the acceptance of nursing practicum were “satisfaction with student’s attitude” and “pleasure of contributing to student learning.” In-home patients and their families expected students to learn “considerate communication toward in-home patients and their families,”“ care in deference to personality,”“ the state of home care,” and so on. CONCLUSION: It is important that we focus on the enhancement of positive perceptions by in-home patients and their families. It helps improve their quality of life and manage practicum smoothly.
キーワード :在宅看護学
訪問看護実習
看護教育
在宅療養者
肯定的認識
home care nursing
home care nursing practicum
nursing education
in-home patient,positive perception
資料種別 :紀要論文
言語 :jpn
フォーマット :application/pdf
URI :http://hdl.handle.net/10191/47196
fullTextURL :http://dspace.lib.niigata-u.ac.jp/dspace/bitstream/10191/47196/1/14(1)_43-50.pdf
出現コレクション:01 新潟大学保健学雑誌 = Journal of health sciences of Niigata University

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10191/47196

・学術リポジトリに登録されている研究成果の著作権は,著者,出版社(学協会)などが有します。

・学術雑誌に掲載された論文等は,発行された誌面とはレイアウトの相違や文言の違いなどがあり得ます。

・表示・ダウンロードした研究成果は,著作権法に規定されている私的使用,引用等の範囲内で利用してください。