ホーム    Nuar 総合案内    マイ・リポジトリ        English    ご意見

新潟大学学術リポジトリ Nuar >
250 大学院医歯学総合研究科(医) = Graduate School of Medical and Dental Sciences (Medical) >
20 紀要 = Departmental Bulletin Paper >
02 新潟医学会雑誌 = Niigata medical journal >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
130(11)_631-634.pdf350KbAdobe PDF
タイトル :4 緑内障の診断・治療・管理の進歩 (シンポジウム 眼科治療の最前線:より高い視覚的QOLの維持を目指して, 第711回新潟医学会) 
別言語のタイトル :Progression in Glaucoma Diagnosis, Treatment and Management
著者 :栂野, 哲哉
公開者・出版者 :新潟医学会
刊行年月 :2016-11
掲載誌名 :新潟医学会雑誌
巻 :130
号 :11
開始ページ :631
終了ページ :634
ISSN :0029-0440
抄録 :不可逆的.進行性の視野障害を生じる緑内障診療の目標は進行を抑制し,生涯のQOLを保つことである。診断および管理に関しては早期発見と正確な視野計測,ならびに進行評価が要である.近年急速に普及している光干渉断層計は技術的な進歩により緑内障診療においても活用されつつあり,新たな焦点となっている.治療としては眼圧下降のみがエビデンスの高い唯一の方法であることには変わりがない. しかし,より安全かつ確実に眼圧下降を得るための配合点服薬の登場や,難治緑内障に対するチューブインプラントが本邦でも使用できるようになるなど以前に比べて選択肢は増加した.診断技術の向上とこれらの新しい治療の組み合わせによって緑内障患による失明, さらには社会的損失を減少できることが期待される.
キーワード :緑内障
QOL
光干渉断層計(OCT)
配合点眼薬
緑内障インプラント
資料種別 :紀要論文
言語 :jpn
フォーマット :application/pdf
URI :http://hdl.handle.net/10191/47294
fullTextURL :http://dspace.lib.niigata-u.ac.jp/dspace/bitstream/10191/47294/1/130(11)_631-634.pdf
出現コレクション:02 新潟医学会雑誌 = Niigata medical journal

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10191/47294

・学術リポジトリに登録されている研究成果の著作権は,著者,出版社(学協会)などが有します。

・学術雑誌に掲載された論文等は,発行された誌面とはレイアウトの相違や文言の違いなどがあり得ます。

・表示・ダウンロードした研究成果は,著作権法に規定されている私的使用,引用等の範囲内で利用してください。