ホーム    Nuar 総合案内    マイ・リポジトリ        English    ご意見

新潟大学学術リポジトリ Nuar >
250 大学院医歯学総合研究科(医) = Graduate School of Medical and Dental Sciences (Medical) >
20 紀要 = Departmental Bulletin Paper >
02 新潟医学会雑誌 = Niigata medical journal >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
130(11)_634-638.pdf502KbAdobe PDF
タイトル :5 抗TNFα抗体によるベーチェット病の治療 (シンポジウム 眼科治療の最前線:より高い視覚的QOLの維持を目指して, 第711回新潟医学会) 
別言語のタイトル :Anti-TNF a Antibody Therapy for Refractory Uveoretinitis in Behcet's Disease
著者 :酒井, 康弘
公開者・出版者 :新潟医学会
刊行年月 :2016-11
掲載誌名 :新潟医学会雑誌
巻 :130
号 :11
開始ページ :634
終了ページ :638
ISSN :0029-0440
抄録 :ベーチェット病網膜ぶどう膜炎は,本邦における代表的な難治性眼疾患の一つである.TNF-aは,ベーチェット病の炎症を誘導する因子であり,近年認可された抗TNF-α抗体製剤であるインフリキシマブ(レミケード^【○!R】)による分子標的治療はこの疾患に高い有効性を示し,ベーチェット病の治療は劇的に進歩した.当科でインフリキシマブ投与により沿療中のベーチェット病ぶどう膜炎では, 9割の症例で著明な治療効果を示し,内眼手術も安全に併施することができ,ステロイドやコルヒチンなど従来使用していた内服薬も中止または減量した状態で良好な消炎が得られている.インフリキシマブは従来の治療薬に比し強い消炎効果を持ち,労働年齢の患者のQOLの改善に非常に有用な治療薬である.網膜や視神経の萎縮が見られない早期の段階でインフリキシマブの投与を開始することで視機能予後を良好に保つことが可能であると考える.
キーワード :インフリキシマブ
ベーチェット病
網膜ぶどう膜炎
眼炎症発作
資料種別 :紀要論文
言語 :jpn
フォーマット :application/pdf
URI :http://hdl.handle.net/10191/47295
fullTextURL :http://dspace.lib.niigata-u.ac.jp/dspace/bitstream/10191/47295/1/130(11)_634-638.pdf
出現コレクション:02 新潟医学会雑誌 = Niigata medical journal

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10191/47295

・学術リポジトリに登録されている研究成果の著作権は,著者,出版社(学協会)などが有します。

・学術雑誌に掲載された論文等は,発行された誌面とはレイアウトの相違や文言の違いなどがあり得ます。

・表示・ダウンロードした研究成果は,著作権法に規定されている私的使用,引用等の範囲内で利用してください。