ホーム    Nuar 総合案内    マイ・リポジトリ        English    ご意見

新潟大学学術リポジトリ Nuar >
060 工学部 = Faculty of Engineering >
10 学術雑誌論文 = Journal Article >
10 査読済論文 = Postprint >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
5(1)_2-7.pdf1379KbAdobe PDF
タイトル :Determining the Optimum Font Size for Braille on Capsule Paper for Late Blind People
著者 :Watanabe, Tetsuya
Kaga, Hirotsugu
公開者・出版者 :映像情報メディア学会
刊行年月 :2017-1
掲載誌名 :ITE Transactions on Media Technology and Applications
巻 :5
号 :1
開始ページ :2
終了ページ :7
ISSN :21867364
抄録 :To determine the optimum size of a braille font, we conducted an experiment in which a popular Japanese braille font was printed at various sizes on capsule paper and read and rated by late blind people. The results show that braille printed at 16 to 19-point sizes was read faster and rated higher than that printed at smaller or larger sizes. These optimum sizes mostly coincide with those found for young congenitally blind people. A new finding was that many reading errors that stemmed from mistaking the range of braille cells were observed at larger sizes, 20 to 22-point sizes. This means that enlarging the font size is not necessarily beneficial for late blind people and optimum sizes should be strictly selected when doing so.
キーワード :Late Blind People
Braille Font
Capsule Paper
Tactile Reading
Legibility
資料種別 :学術雑誌論文
言語 :eng
フォーマット :application/pdf
URI :http://hdl.handle.net/10191/47396
fullTextURL :http://dspace.lib.niigata-u.ac.jp/dspace/bitstream/10191/47396/1/5(1)_2-7.pdf
関連 :http://ci.nii.ac.jp/naid/130005239857
https://www.jstage.jst.go.jp/article/mta/5/1/5_2/_article
権利 :Copyright © 2017 The Institute of Image Information and Television Engineers
コンテンツのご利用は著作権法の範囲内でお願いします
本文データは学協会の許諾に基づきJ-STAGEから複製したものである
出現コレクション:10 査読済論文 = Postprint

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10191/47396

・学術リポジトリに登録されている研究成果の著作権は,著者,出版社(学協会)などが有します。

・学術雑誌に掲載された論文等は,発行された誌面とはレイアウトの相違や文言の違いなどがあり得ます。

・表示・ダウンロードした研究成果は,著作権法に規定されている私的使用,引用等の範囲内で利用してください。